FC2ブログ
  • home >
  • スポンサー広告 >
  • ヌサペニダ島に旦那抜きで上陸してみた☆女神のツアーをしてみよう♡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 未分類 >
  • ヌサペニダ島に旦那抜きで上陸してみた☆女神のツアーをしてみよう♡

ヌサペニダ島に旦那抜きで上陸してみた☆女神のツアーをしてみよう♡

今週は自立!をテーマにチャレンジをしてみました☆

それは、「旦那抜きでヌサペニダ島にいく!」

ちなみに、ヌサペニダ島というのは、旦那の実家。バリ島から高速ボートで約30分のところにあります。
簡単なことに思えて、いつも旦那についていってるだけだと、なかなか難しい。ヌサペニダ島については、旦那の実家ということもあり、いつも受け身だったので、自分で行動するというのは、結構なバンジーでした。

ヌサペニダ島はサヌールビーチから高速ボートに乗って約30分。クルンクンなどからもボートやフェリーがあります。

初めて旦那抜きでいってみて、チケットに外国人価格があるのを知りました・・・
いつも旦那がチケット買ってたからなぁ、、何度バリ人と結婚しているといっても外国人価格を譲ってくれず。仕方ないけど凹みました(-_-;)
IMG_0787.jpg 

そして、ヌサペニダ島について初めてのバイクΣ(・ω・ノ)ノ!
いつも旦那の後ろに乗ってるだけだったので、割とチャレンジ。でもバイクも車もほとんど走っていないので、ウブドに比べると全然楽ちんでした。以前来たときは道路も割れていたり、壊れていたのですが、わずか一年ですっかり綺麗になっていました。
バイクを運転する私。
(撮影は一緒にいった友人)
IMG_0803.jpg

途中の道路は絶景です。美しい自然に何度来ても感動します。
IMG_0797.jpg 

ゴアギリプトリに到着しました♡ ボートの着く、ブユックビーチから30分ほど。
IMG_0811.jpg 

ヌサペニダ島で最も有名な寺院。それが“Goa Giri Putriゴア・ギリ・プトリ”です。
全バリ人が「人生に一度は訪れる≪再生の洞窟≫」と呼ばれ、その神聖さと、ヌサペニダ島という場所柄から観光地化されず、いまだバリ人参拝者のみがお祈りに訪れる場所となっています。

全長約250メートルの巨大な天然洞窟。人一人通るのがやっとの入口を入ると、中は5000人もの人が一斉にお祈りができるほどの巨大な空間が広がっています。
洞窟内が寺院として整備される前は、聖水をくみ上げる神聖な場所として決められた人のみ入ることが許されました。
80年代に内部が整備され、現在のように参拝客が訪れるように。

内部の荘厳さは、もう言葉にできない、、、
何度もいっているのに、入った瞬間、何度も感動する。。。。
DSC07976.jpg 

出口付近に祭られているのが、美しい観音像。由来は定かではありませんが、ヒンドゥー教が入る以前、太古の女神信仰を表していると私は感じています。ここに来るたび、ここの女神さまの前にくるたび、ヌサペニダ島を守る美しく、優しく、そして力強い女神の愛を感じ、涙が止まらなくなります。ヌサペニダ島は女性が強いのも納得。女神さまのご加護があるんですね。
DSC07982.jpg 

わたしにとって、ここは本当に特別で神聖な場所。
初めてここに来たとき、「ようやく会えた」感動で号泣。華やかで凛とした美しい女神さまの姿に、母の胎内に還ってきたかのような安心感を覚えました。すべてを肯定し包み込むような無償の愛。

今となっては、ヌサペニダ島という未開の島出身の男性を結婚するのも、すべて決まっていたことなのかなって本気で思います。女神さまに呼ばれたとしか、思えない。

お祈りが終わったあとは、フレンドリーなバリ人家族と一緒にお供え物を頂きました♡
バリ文化や宗教に対してきちんと礼儀を尽くしていると伝われば、バリ人はとても喜んで親切にしてくれます。
DSC07983.jpg 

寺院の前のビーチからはバリ島が見えます。空が青い。
DSC07986.jpg 


このあと、ボートに乗るため、ビーチに戻ったのですが、なんとなんとボート欠航Σ(・ω・ノ)ノ!
ちょうど私たちがお祈りしている最中に地震があり、津波が発生。波がきつくて全ボート欠航となりました。

いやー、本当に色々なことがありますね(*´Д`)

結局、一晩 旦那の親戚の家にお世話になることに。。。。

美しい空を見ながら瞑想する友人。
波と夕日、アグン山の姿に大自然の前に私たちは委ねることしかできない、と改めて実感。

DSC08021.jpg 

DSC08018.jpg 

思いがけず一泊旅行となったヌサペニダ島の旅。
星空を見上げながら、友人と語りあかしました。

委ねるということ、行動するということ、そのバランス。

わたしは、今回の旅で、いつも旦那任せだったことを主体的に行動する、そんなレッスンを頂きました。初のバイク、お祈り、ボート欠航というトラブルへの対処。
旦那の親戚に助けを求めることを含めて、すごく勉強になりました。

ちなみに、翌日。
早朝6時にボート乗り場についてみると、チケットを求めるバリ人が殺到して押し合いへし合い。パニック状態。日本人のわたしにチケットが買えるはずもなく。。。

またもや、旦那の親戚に助けをもとめ、ヌサペニダ人のみ使うローカルボートに乗せてもらうことに。親戚のお兄さんの頼もしい背中を見ながら、「旦那やその家族の助けがないと私はここでは生きていけないな」と改めて思ったり。いつか、ヌサペニダ島と家族に恩返ししたいなぁと思います。
IMG_0819.jpg 

そんな訳で、ヌサペニダ島にきたい!女神さまに会いたい!という方、現地に同行可能です。

≪スケジュール≫   8:00 サヌール出発
         9:00 ヌサペニダ島到着
         10:00   ゴア・ギリ・プトリ参拝 (時間があれば複数寺院可能)
         15:30   高速ボートでサヌールへ

ただし、バリ島の宗教や文化を尊重すること、ボートの欠航など自然災害にも心身ともに、委ねることができることが前提。日帰り前提なのに、ボートが欠航して帰れないどうしてくれるんだ!って方はお連れできません。トイレなども綺麗とはいえないです。いちいち「汚い!」とかいう人は来なくていいです。
自分で自分の世話ができる方が大前提。

ウブドからサヌール、サヌールからヌサペニダ島、現地タクシーなどの交通費は私の分も負担頂きます。寺院参拝に必要なバンタン(お供え物)もわたしが用意します。
でも、交通費以外のガイド代・通訳代はお気持ち制で。払いたい金額を払ってください☆

関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。