スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クンダリーニタントラヨガと子宮メソッド♡

気が付けば一か月ぶり!!
この一か月、本当に本当に色々なことがあって、ブログを更新する状況じゃなくて、、
この辺りのことはまた落ち着いたら書くとして、今日はずっと貯めてた内容を書いちゃいます☆

それは、クンダリーニタントラヨガと子宮メソッドについて♡
これね~、書いていいものか、すっごいざわざわします。でもね、もう何かを密教や一子相伝のように秘密にする時代じゃないと思うのです。
魂の秘密、生命エネルギーの秘密が、大公開される、そんな時代が到来していると思います。
スピリチュアル嫌いの方は読まないでね♡

ご存じの方も多いと思いますが改めてクンダリーニタントラヨガの説明から。

クンダリーニタントラヨガは、バリ島のカリスマヒーラー クトゥ・アルサナ先生が創設したヒーリングヨガです。尾骶骨から脊柱を前後左右まるで蛇のように動かすことで、日常生活において縮こまった骨の結合をゆるめます。脊柱の結合がゆるむことで、脊柱に沿って通っている神経システムを正常化、脳に酸素を送り込みやすくなります。
脊柱はね、エネルギーを流す大きなチャネルなので、大地からのエネルギー、宇宙からのエネルギーがが通りやすくなります♪
全身のエネルギーが循環し、お肌はつるつる若返り効果☆
わたしは、かれこれ15年ほどヨガをしてきましたが、約3年前にこのクンダリーニタントラヨガに出会ってからは、一筋♡
クンダリーニタントラヨガこそが私の探していたものだ、と思い、それ以降バリ島と日本をいったり来たりしながら勉強してきました。
いまは、アシュラムでヨガクラスを週1回~2回担当しています。

で、本題。
そんな私が出会ったのが、「子宮委員長はるちゃん」
オフィシャルサイト⇒http://49-haru.com/ 
※ 写真はブログからお借りしました。

haruchan.jpg 



はるちゃんの子宮メソッドを読んだとき、衝撃が走りました!

 特に『カルマ粒』についての記事
【子宮メソッド②】生殖器に溜まったカルマ粒とオー☆ズムライン

引用
---------------------------------------
•固定概念
•常識
•世間体
•価値観
•既成概念
•信念
•思い込み


元々、女性は自然に生殖器から誘発される感情のある生き物ですが、外側から刷り込まれた上記の思考癖により感情を抑圧していまい、消化不良になってしまった感情は逆流してまた、生殖器界隈に留まってしまいます。それを“カルマ粒”と名付けました。※カルマ粒は生殖器だけではなく上半身全体に溜まれます。生殖器は全体のセンターの役割を担っています。
karuma tubu3 
--------------------------------------

わたしの師匠アルサナ先生がいつもいうこと。

「抑圧された感情は股関節、骨盤周りに溜まる。この感情を出さなければいけない。」

まさに!これ!カルマ粒Σ(・ω・ノ)ノ!!

そして、クンダリーニタントラヨガは他のヨガと違って鼻から吸って口から吐きます。
その理由は、腹部を大きく動かして、口から吐くことで、お腹周りに溜まったストレスや感情を口から吐き出すため。
骨盤周り、股関節を柔軟に動かし、細胞に蓄積した感情「カルマ粒」を溶かし、口から吐き出す。
なので、ヨガをしている最中に感情が溢れてくることもあります。

叫びたくなったり、泣きたくなったり。。。。

このカルマ粒のイメージをもってクンダリーニタントラヨガをしてみると、より効果的にカルマ粒を溶かすことができる。
あとは、完全に体の声を聞いて、骨盤周りを動かしていくと、すごく気持ちがいいのです!

あと、ここからはわたしの思い込みというか、勝手な解釈が入ります。
ヨガでいういわゆる「クンダリーニエネルギー」。
尾骶骨あたりに眠る生命のエネルギーです。
※前回の記事で一般的な解釈は書いたので良ければ読んでくださいね。

このクンダリーニは、またの名をクンダリーニシャクティ。蛇の女神として表されます。

そう、「女神さま」なのです( *´艸`)

これは、はるちゃんは、「オー☆ズムライン」と名づけているものと同じではないかと思います。
---------------------------------------------
人間の生命エネルギーは下から上へ流れているので第一チャクラが活性すると勝手に第二チャクラ以上が本人の個性に合わせて調整されてゆきます。その生命エネルギーの下から上への流れを“オー☆ズムライン”と名付けることにします。

それは誰もが持っている生命エネルギーのラインです。


ogazumu line 
-------------------------------------------

「生命エネルギーも性エネルギーも宇宙的な観点からは同じものだ」ってリサロイヤルの本に書いてあったのを思い出します・・・

だからね、やっぱりクンダリーニを適切に扱うためには、第一チャクラ 膣、と第二チャクラ 子宮と向き合う、つまりは、自らの女性性や「性」と向き合うというのは、とっても合理的な話に思えるのです。日本人女性はやっぱり、「性」に対する否定の気持ちが強いような気がします。
他にも、ものすごくストイックなヨギーニとか。

ここを否定して、ひょんなことから、クンダリーニが上昇しちゃうと、コントトール不能になってしまう。

体内に蓄積した感情が暴れだし、泣き叫ぶ、怒りがでる、肉体の震える、官能的に歌い、踊る。

解放されたいエネルギーと思考が体内で大戦争を起こしてしまう。

ちなみに、アシュラムではクンダリーニ上昇に伴う感情的・肉体的な変容の過程を「プロセス」と呼びます。人によって全く違う症状がでます。

ここで、思考で抑圧しようとすると、もっと「大戦争」。

もうね、逆らわずに委ねるしかありません。出し切る。

ちょっと話は脱線しますが、リサロイヤルの「アセンションの道しるべ」を読むと、この感情的・肉体的な変容の過程がよく理解できます。ようするに、三次元から四次元に地球が上昇するにあたって、感情レベル・肉体レベルでの変容が起こるわけです。
これこそが、クンダリーニ上昇の正体なんじゃないかなぁって、最近思っています。

わたしの個人的な体験ですが、クンダリーニの上昇によって、過去積み重ねた自我がぺしゃんこにつぶれ、自分が大きな何かの一部であるという確固たる確信を得るようになりました。
まさにプログラムが書き換わるような体験。

ああ、なんかまとまらなくなってきた!

ようするに、みんな「子宮委員長はるちゃん」の本読んでみてね♡ということです。
バリ島のアシュラムにくるには、旅費が何十万もかかりますが、本を買うならたった数千円です。
ブログは無料で読めちゃう♡

いまからヨガクラス行ってきます♪(o・ω・)ノ))

関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。