スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【私的解釈】クンダリーニ上昇の前に感情解放は必須。

また、心身調律セラピスト岡田氏のブログを読んでどうしても書きたくなったので、ちょっと書かせてもらいます。

【母の呪いを解放し、本来の自分らしく楽に生きる】心身調律セラピスト岡田哲也のブログ~アダルトチルドレンからの脱却法
http://ameblo.jp/iyashiya1848/

最近、書きたいこと一杯あるんだけど、体調が追い付かない。。

こうゆうの書きたいんだけどなぁ

☆クンダリーニタントラヨガの私的解釈
☆クンダリーニタントラヨガと子宮メソッドの素敵な関係
☆スピリチュアルとパートナーシップの関係性

この記事書くのザワザワするなぁ。
うん、でも書きたいから書きます。興味ない人は読まないでね☆

わたしは自分のことをがっつりスピリチュアルな人間だと思うのですよ。
会社員を辞めたあと、バリ島のカリスマヒーラー&ヨガマスターのアルサナ先生のところでヨガを勉強し、お弟子さんと結婚までしちゃった。
※あ、ブログで明記していませんでしたが、わたくしの結婚相手は、アルサナ先生の弟子で、ボディーワークセンターやオンハムでヨガを教えるヨガインストラクターです。
バリ島にお越しの際は、ヨガ受けてくださいね~(宣伝(笑))

※ちなみにアルサナ先生って誰?って方はこちらの記事をご覧くださいませ。
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-646.html

岡田さんのブログを読んでると、「スピリチュアル」について割と辛口です。
でも、わたし、すごくその辛口が大好きなんです♡

この記事↓とか、しびれる~( *´艸`)
『感謝が大事だっつってんだろ!』というスピリチュアルマウンティング。
http://ameblo.jp/iyashiya1848/entry-11959878757.html

岡田さんが上記のブログで書いていること一部引用させて頂きます
----------------------------------
特にお年をめされた方々で、
高度経済成長期の成功者格言シェアとか
スピリチュアルなワークショップ、
極端にポジティブだ感謝をウリにしてる
宗教にハマってる人とかね。

何度も書いてることだけど、
『感謝するのは大切なこと』
ってさ、くっさるほど聴いてるわけです。

(中略)

素直に感謝ができないから
苦しんでんのっ!!
-------------------------------
o0800097313147588713.jpg
(絵も同ブログより転用させて頂きました)

記事の中で、「感謝と愛」を強制する「スピリチュアルマウンテン族」と言われていますね。

わたしもこのスピリチュアル業界にいるので、こうゆう方たまにお会いします。
でも最近は、周りからいなくなったかなぁ。
ただ、アシュラムに来る方で、まだこの「スピリチュアルマウンテン族」の呪いにかかっている方、結構多いと思うのです。
特に、ネガティブな感情に、「愛と感謝」という名の蓋をしちゃっている人。
皆さんね、すご~くいい人です。気づかい上手で、心配りができて。

でもねー、これでアシュラムで修行して、クンダリーニが上がったら、もっともっと辛いですよ?

ここからは私の勝手なクンダリーニの解釈なので、「勝手な解釈なんて興味ないわ!あんたはアルサナ先生の言葉を通訳しておけばいいのよ!」っていう人は読まないでね。

わたしの理解では、クンダリーニの上昇に伴って、細胞に蓄積された感情、記憶、トラウマ、ストレス、果ては過去世の記憶すら溶けだして、暴れ狂います。それは、もはや頭でコントロールができないほどの強烈なやつが。
人によっては、独りでぶつぶつつぶやいたり、叫びだしたり、肉体が勝手に動いたり。
バリ人は、勝手に踊りだす人が多いみたいですね~。バリ舞踊は魂の表現。
このような色々な事象となって現れます。

で、ですね、それまで感情に蓋をする=細胞に蓄積し続けた場合、これが起きたらどうなるか?

めっちゃ苦しいです( ゚Д゚)

感情をきちんと出していた人が、10で済むところ、蓋をして押さえ続けた人は200の負荷がかかるかもしれない。

それはもう、精神的だけでなく、肉体的にもしんどいです。
お願いだから早く終わってくれ~~、こんなだったらクンダリーニなんて上がらなければよかった!そう思うほどの負荷がかかります。実際に色々な方を見てきての経験談です。

ちなみにですね、私の場合は、「怒り」がキーワードでした。
アシュラムに通い始めたころ、クンダリーニを上げようという明確な目標ではなかったのですが、何か心惹かれて、アシュラムでの修行を始めました。そうするとね、でるわでるわ「怒りの感情」。オンパレードです。
そして、目の前の現実にも、「怒り」を引き起こす事象が発生して、内側の怒りを引き出そうとします。

このころは酷かった。。。
本当に、毎日毎日、目のくらむような怒りに襲われて、人を刺殺しそうだった。
実際にね、何度も妄想してしまうのです、「あの人を、こうして刺殺そう」って。

もうね真っ黒です。真っ黒。ドロドロのげろげろです( ゚Д゚)

でも、このころは、「いい子」を演じていた時代なので、「私はヨガインストラクターなんだから、そんなこと思っちゃダメ!皆の見本でいなきゃ!」な~~んて、気持ち悪いことを真剣に思っていました。


笑顔の裏で、人を刺殺す妄想をするヨガインストラクターって、、、
怖いわ!!( ゚Д゚)



そう、がっつり、「愛と感謝」という名の蓋でネガティブな感情を抑え込んでいました。
ただ、わたしの実体験でもありますが、考えないように考えないようにすると、より一層考えちゃうんですよね(*´Д`)
本当に毎日吐きそうだったなぁ。

この時に感情解放の手段を知っていたら、もっと楽だったのになって思います。

だからね、アシュラムに来る前に、まずは自分自身とのパートナーシップを築いてほしいのです。
自分の感情を大切にする、ネガティブな感情に蓋をしない。
その練習をまず日常生活で初めて欲しいのです。
(やり方は岡田さんのブログ見てくださいね☆)
でないと、もっと苦しいですよ。

そしてね、アシュラムでクンダリーニが上昇したら、思いっきり暴れてください!
肉体的にも暴れてOK。暴言吐いてもOKです。叫んでもOKです。
日本の町なかで、急に叫びだしたら、下手すると病院いきですが、アシュラムだと、みんな、「ああ、クンダリーニ上昇のプロセスなのね」で理解してくれます。
アシュラムはそのための場所だと思います。

ネガティブな感情も、ポジティブな感情も抑えない。
外に出す。
委ねる。

終わったとき、体内のプログラムが書き換わり、真の意味で、宇宙への感謝が芽生えます♡


岡田さんのこの記事も面白くて好き( *´艸`)読んでみてね↓
『2016年に具現化し始める生々しい項目について』
~心身調律セラピスト岡田哲也さんのブログ~

http://ameblo.jp/iyashiya1848/entry-11974984478.html
関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。