スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式裏話はやっぱりパートナーとの関係性と向き合うこと♡

さてさて、昨日アップしたキラキラした結婚式の裏側で、それはそれは大変でございました。
FBでお友達になっている方は見ていらっしゃるかと思うのです。。。

まずね、ついてそうそう、

ああああっつつつううういいいいい((+_+))

体感気温は40度超えてた。(実際は何度かわかりませんが)
どうもあとで、わかったのですが、雨季から乾季の切り替えの時期で、バリ島全体で異常に高温が続いていただそうです。

わたしはそんなことは知らず。

ヌサペニダ島はなんて暑いんだ!!!(*´Д`)って思ってました。

でも、実際、ウブドは昼間暑くても、朝晩には気温が下がるので過ごしやすいです。
ヌサペニダ島は10時~4時くらいまで、ひたすら頭が溶けそうな暑さ。
何しても、「暑い・暑い・暑い・暑い」としか考えられないのです。。。

ガリガリ削られる体力。
慣れない田舎生活。
親戚一同と共同生活による気疲れ。

もうね、色々限界でした。

それでも、二日目午後には、私が夜も眠れなくて半分死んでるのを見かねて、旦那が扇風機を買ってきてくれました。
扇風機かうのに、片道一時間かけて町にでないと行けない、この田舎さ。。

扇風機のおかげで、なんとかしのげるようになりましたが、まぁまだ暑いです。
でも扇風機がなければ、間違いなく結婚式なんて放ってウブドに帰っている。

扇風機を開発した人にこれほど感謝したことはありません(笑)

実は一番つらかったのは、外出禁止令(*´Д`)
バリ島の風習で、結婚式前数日は家の敷地から出てはいけないのだそうです。
わたしはこれを知らなくて5日前に突然言われました。

ここで、以前FBに挙げたのですが、わたしが10日間いた環境転記します。

3月20日FB投稿記事----------------------------
春分の日ですね。
宇宙の新しい一年がはじまる日・・・
そんな日にわたしは世俗を離れ、ヌサペニダ島の最奥地カラン地区で引きこもり生活。ヌサペニダ人からも「カラン!?遠いね(゚Д゚)」と言われる場所です。

水道設備がないので、各家庭は井戸を使い。
シャンプー買うのに片道1時間かけて町にいく。
村にはレストランどころか食堂もなく、ジュースなど売る小さい店が2件のみ。
あれ、市場どこにあるんだろ?みんなお野菜どこで買うの(・ω・)?まさかの自給自足?

まぁそんな場所でございます。
遠く日本からここに嫁にくることになるとは、運命の不思議。
なんだろなぁ(´д`)
今日は、頑張らない宣言したはずが、結構ちょこちょこお手伝いしてたら、結局、島の暑さにダウン(´д`)
夕方涼しくなるまで午後は扇風機のまえで寝てました。
でもみんな優しかった(T_T)

ちなみにヌサペニダ島は女神様の島。とてもパワーの強い場所です。
バリアンが必ずいくお寺があったり、バリ人が人生に一度はいきたいという洞窟があったりします。
そう、女神様がいらっしゃる島です。
初めて会ったとき、ようやく会えた喜びで涙が止まらなかった。
豪華絢爛で美しい女神様。
わたしは、きっとここに呼ばれたんでしょうね。

春分~満月まで引きこもり生活そして結婚式を経て、新しい私に生まれ変わるようです。
あ、嫁にくると書きましたが結婚式終わったらウブドに帰ります♪
-------------------------------------------------

と、この時点では、冷静に書いてますが、なにか違和感感じますよね。
自分でいま読んでもどうも白々しい。

そうです、だいぶ感情を抑圧しておりました。

彼の実家にお世話になっているんだし、わがまま言ったらだめ。
風習なんだから、出れなくても仕方ない。
暑くても、彼の島だから理解・我慢しなきゃ。

そんな下女マインド満載(;´Д`)(;´Д`)

そしてついに、翌日抑圧された子宮の声(魂の声)が大噴火を起こします!

翌日の投稿がこれ↓
3月21日FB投稿--------------------------------
すいません、いい子ぶってました。
正直にいいます。
ヌサペニダ生活6日目、引きこもり生活3日目。そろそろ我慢の限界でございます。
そろそろ目が死んだ魚のようになってきました。
もうこんな生活いやじゃーーーーー(`Д´)
こっからだせーーーーーーー(`Д´)(`Д´)(`Д´)
日本語で書いても余計な翻訳機能により、バリ人にも筒抜けだけどね。
村の生活、わたしには無理。絶対無理。
もう本気でこの選択をした自分にあきれる。
伝統により、家からでれないってなんやねん。
だせーーーーーー!!!!!
----------------------------------------------

でね、今思うと、物理的に外に出れないというよりも。

変に我慢して自分の感情や村の生活をイヤだと思っていることから、目を背けていた結果。

(感情を閉じ込めるな!)こっからだせ~~~!


ってなったんですよね。今ならわかる。

この解決策はやっぱり、感情解放でした。

長くなったので、続きます。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。