スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10日間ファスティング完了!

無事に10日間ファスティング完了しました(*'▽')
27日夜に10日間ファスティングチャレンジを終了、アシュラムで報告&お祈り。
そして、28日は聖水のプールで水浴びをしてクレンジング&サラスワティのセレモニーに参加しました。

今回のファスティングで色々な気付きがありました。
いまいち、ファスティングをする本当に意味を理解していなかったのですが、今回ファスティングをしてみて、少しわかったような。

ファスティングというのは、自分と向き合うための手段なのかな、と。

今回のファスティング中、一番困ったのは、自分の感情が抑えられないこと。
普段、嫌なことがあったり、嫌なことをしないと行けない時、甘いものを食べると結構「自分をごまかす」ことができます。
落ち込んでも甘いもの食べると、なんかどうでも良くなったりします。
わたしもこれは自分をコントロールできることだから、いいことなのだと思っていました。

でも今回のファスティングで、気づいたことは、

「嫌な気分を感じたときに食べるという行為は自分をごまかす行為であり、ストレス食いと同じ」

ということ。
結構衝撃的な気づきでした(*´Д`)
いままでめっちゃやってた~~~(*´Д`)

ファスティング中だと、食べられない。
なので、イライラや嫌な気持ちをごまかすことができない。
少しでも納得できない仕事や用事を「我慢して」できない。。。

でも、本当にやりたいことは、どんなにお腹がすいていてもやる。
例えばファスティング中でも料理したい!と思い立てば楽しく料理してました。

もう少し突っ込んでいうと、要するに、ファスティングというのは魂の声、心の声を聞く練習なのかな、と。
魂の声を聞いて、自分が本当にやりたいことはすんなりできる。
でも、頭で考えて「この仕事は受けた方が得かも」と思ったようなことは、全然我慢できない。。。。

普段のわたしは割と事なかれ主義です。
言いたいことがあっても、空気を読んで言わないことが多い。
相手の気分を害して問題を起こす、嫌われるのが怖い。

なにより、ヨガインストラクターって「いい人」、のんびり、落ち着いていて、素晴らしいことばかり言う人ってイメージでした(-_-;)

でもねー、今回ファスティングをして、かなり性格悪くなりました(笑)
そういえば、わたし、小学校・中学校時代は、言いたいことはずけずけ言うし、割と短気な方でした。気分屋だし(笑)
高校、大学、社会人と経るなかで、社会に合わせて「いい人」になって行ったようです。

特に社会人時代の矯正はきつかったな。。。

テンションに左右されるな、よく考えろ、言葉は選べ。考えナシ!って元上司に言われてた(笑)

でも、本当は短気だからこそ、決断力と、行動力がある。
気分屋って自分の感情に素直ということ、自分に偽らないこと。

決して短所ではないのですよね。
短所だと思い込んでただけで。
元からの私を好きな人もたくさんいたのにね~~。

アルサナ先生も「自分を解放しろ、子供のように遊べ」ってよく言ってます。
これはそういうことなのかな、と。
本当の自分を見つけるというのは、これまで短所だと思っていた部分、目を背けていた分、過去の自分が封印したことを掘り起こして受け入れることなのかもしれません。

なんか、沢山書いちゃいました。
まだまだかきたいけど、今日は急遽セレモニーがあるらしく、ちょっと時間がない感じ(-_-;)

というわけで、これからは性格の悪い私もよろしくお願いします(笑)
関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。