スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式裏話はやっぱりパートナーとの関係性と向き合うこと♡

さてさて、昨日アップしたキラキラした結婚式の裏側で、それはそれは大変でございました。
FBでお友達になっている方は見ていらっしゃるかと思うのです。。。

まずね、ついてそうそう、

ああああっつつつううういいいいい((+_+))

体感気温は40度超えてた。(実際は何度かわかりませんが)
どうもあとで、わかったのですが、雨季から乾季の切り替えの時期で、バリ島全体で異常に高温が続いていただそうです。

わたしはそんなことは知らず。

ヌサペニダ島はなんて暑いんだ!!!(*´Д`)って思ってました。

でも、実際、ウブドは昼間暑くても、朝晩には気温が下がるので過ごしやすいです。
ヌサペニダ島は10時~4時くらいまで、ひたすら頭が溶けそうな暑さ。
何しても、「暑い・暑い・暑い・暑い」としか考えられないのです。。。

ガリガリ削られる体力。
慣れない田舎生活。
親戚一同と共同生活による気疲れ。

もうね、色々限界でした。

それでも、二日目午後には、私が夜も眠れなくて半分死んでるのを見かねて、旦那が扇風機を買ってきてくれました。
扇風機かうのに、片道一時間かけて町にでないと行けない、この田舎さ。。

扇風機のおかげで、なんとかしのげるようになりましたが、まぁまだ暑いです。
でも扇風機がなければ、間違いなく結婚式なんて放ってウブドに帰っている。

扇風機を開発した人にこれほど感謝したことはありません(笑)

実は一番つらかったのは、外出禁止令(*´Д`)
バリ島の風習で、結婚式前数日は家の敷地から出てはいけないのだそうです。
わたしはこれを知らなくて5日前に突然言われました。

ここで、以前FBに挙げたのですが、わたしが10日間いた環境転記します。

3月20日FB投稿記事----------------------------
春分の日ですね。
宇宙の新しい一年がはじまる日・・・
そんな日にわたしは世俗を離れ、ヌサペニダ島の最奥地カラン地区で引きこもり生活。ヌサペニダ人からも「カラン!?遠いね(゚Д゚)」と言われる場所です。

水道設備がないので、各家庭は井戸を使い。
シャンプー買うのに片道1時間かけて町にいく。
村にはレストランどころか食堂もなく、ジュースなど売る小さい店が2件のみ。
あれ、市場どこにあるんだろ?みんなお野菜どこで買うの(・ω・)?まさかの自給自足?

まぁそんな場所でございます。
遠く日本からここに嫁にくることになるとは、運命の不思議。
なんだろなぁ(´д`)
今日は、頑張らない宣言したはずが、結構ちょこちょこお手伝いしてたら、結局、島の暑さにダウン(´д`)
夕方涼しくなるまで午後は扇風機のまえで寝てました。
でもみんな優しかった(T_T)

ちなみにヌサペニダ島は女神様の島。とてもパワーの強い場所です。
バリアンが必ずいくお寺があったり、バリ人が人生に一度はいきたいという洞窟があったりします。
そう、女神様がいらっしゃる島です。
初めて会ったとき、ようやく会えた喜びで涙が止まらなかった。
豪華絢爛で美しい女神様。
わたしは、きっとここに呼ばれたんでしょうね。

春分~満月まで引きこもり生活そして結婚式を経て、新しい私に生まれ変わるようです。
あ、嫁にくると書きましたが結婚式終わったらウブドに帰ります♪
-------------------------------------------------

と、この時点では、冷静に書いてますが、なにか違和感感じますよね。
自分でいま読んでもどうも白々しい。

そうです、だいぶ感情を抑圧しておりました。

彼の実家にお世話になっているんだし、わがまま言ったらだめ。
風習なんだから、出れなくても仕方ない。
暑くても、彼の島だから理解・我慢しなきゃ。

そんな下女マインド満載(;´Д`)(;´Д`)

そしてついに、翌日抑圧された子宮の声(魂の声)が大噴火を起こします!

翌日の投稿がこれ↓
3月21日FB投稿--------------------------------
すいません、いい子ぶってました。
正直にいいます。
ヌサペニダ生活6日目、引きこもり生活3日目。そろそろ我慢の限界でございます。
そろそろ目が死んだ魚のようになってきました。
もうこんな生活いやじゃーーーーー(`Д´)
こっからだせーーーーーーー(`Д´)(`Д´)(`Д´)
日本語で書いても余計な翻訳機能により、バリ人にも筒抜けだけどね。
村の生活、わたしには無理。絶対無理。
もう本気でこの選択をした自分にあきれる。
伝統により、家からでれないってなんやねん。
だせーーーーーー!!!!!
----------------------------------------------

でね、今思うと、物理的に外に出れないというよりも。

変に我慢して自分の感情や村の生活をイヤだと思っていることから、目を背けていた結果。

(感情を閉じ込めるな!)こっからだせ~~~!


ってなったんですよね。今ならわかる。

この解決策はやっぱり、感情解放でした。

長くなったので、続きます。
スポンサーサイト

ブログ再開(^O^)/

かなり長い間更新が止まっておりました。
ようやく再開です!

はい、まずはご報告!

わたくし、3月24日に結婚致しました~(≧▽≦)
我ながらど派手な衣装です(笑)
バリ式の結婚衣装に濃いメイクアップでもはや誰だか分かりません(笑)

キンキンキラキラでございます(≧▽≦)
IMG_8613.jpg

まぁ、ご想像の通り、この衣装、めっちゃ頭が重いです。
噂では流血した!なんて聞いていたので、ビビっていましたが、幸いにも私はそこまで痛くはなく。
でもモリモリなので、頭が重くて、油断すると首ががくってなる(-_-;)

そして、コルセットで締め付ける&頭が重くて身動きできないので、式の間は食事NG。

この日は、一日で、ヒンドゥー教への改宗、ポトンギギ(歯を削る成人式のようなもの)、結婚式を行うというなかなか濃い日でした。

まずは、ヒンドゥー教への改宗への同意書にサイン中。
自分の人生において、ヒンドゥー教徒になる日が来るとは(遠い目)
IMG_8644.jpg

ちょっと写真が不鮮明ですが、ポトンギギ。
これは八重歯が感情や獣の象徴と言われるため、削る儀式です。
バリ式成人式のようなものらしいです。
寝転がって、御坊様がやすりで歯をぎーこぎこ((+_+))
IMG_8738.jpg
「サエコは外国人だから、充てるだけよ、大丈夫!」って事前に言われて油断してたのに、蓋を開けるとめっちゃ削られてる!
痛くはない、のですが、ギコギコ歯を削られる、この不快感。。。。
たまりませんでした((+_+))
もう、二度とイヤ~~~(*´Д`)

バリ島の結婚式は、完全に手作りです。
村のおじさま方によりガムランの生演奏☆
shinobu10.jpg

一週間前から、村の方々が集まって、沢山のお供え物を作ってくれました。
これね~、地味な手作業ですが、丸一日するとかなり疲れます(-_-;)
そして、暑い、、、
おばさま方、ありがとうございます♡
IMG_8415.jpg

カラフルなお供え物たち。すべて手作り!!!
IMG_8410.jpg

完成したお供え物の山!!わたしのカメラにはなかったので、友達の写真を借用
(credit@christel)
offerings.jpg

女性がお供え物を作る横で、男性が料理を作ります。
写真は控えますが、豚さん3匹と、鶏沢山が神様へのお供え物として、裁かれました。
IMG_8422.jpg

天井の飾りも全部手作り!
IMG_8461.jpg

村の皆さんの協力のおかげですごく素敵な式になりました☆
ありがとうございます♡

次は結婚式裏話を(笑)

料理嫌い宣言のあと

前回の料理きら~~い!宣言のあと、出て行った彼。

次の日の朝早く帰ってきました。

わたし「お帰り~(*'▽')」

彼「・・・・・・」

表面上は普通を装いつつ、なんていうのかなぁとドキドキしてたら。
何も言わずに、日常生活に戻っていきました( 一一)

でもね、それから数日、料理せず、好きなことして遊び倒しました(*^^)v
マッサージいったり、友達と遊びにいったり。

そしたら、彼は怒るどころか妙に優しい(。´・ω・)?

料理したくないから、外でご飯買ってきたら

彼「いつもありがとう♡」

後片付けしてたら

彼「疲れてるでしょ?僕やるよ」

私「( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)」

もはや、別人。
何があったのか情報処理できずにフリーズ。

そう、大きな山を越えた瞬間でした。

そのあとも小さな衝突は色々ありましたが、わたしはより一層自由に振る舞うようになりました。
そして、彼は何も言わない。
何なら

「僕が働くから、サエコは好きにしていいよ♡」

とか言い出す( *´艸`)

半年前と比べると、別の世界にワープしたかのような穏やかな日々です。
いまとなっては、ケンカもほとんどしません。

そして、いよいよ来週結婚式を迎えます♡

今思うと、本当にすべてが必然。
実は当初、去年7月に予定していた結婚が、今年3月に伸びたのです。
当時は、「え~半年も待つの?」と思ったけど、同棲期間中に、パートナーシップを学び・実践する機会をもらうことができました。
きっと、7月に結婚していたら、逃げ場がなくて、もっと苦しかった。
同棲だからこそ、まだ辞めることもできる、だからあと1日頑張ってみよう、もう1日、と続けることができた。

すべては必然。
でも、その偶然を察知して、行動に移すかどうかは、その人の選択次第。

わたしのこのパートナーシップに関する記事を読んだ方が実際に行動にお越し、素敵なパートナーシップを構築することができますように♡


結婚式準備でしばらく更新できないので、一端パートナーシリーズ終わりです。
でも、お金についてなど、書きたいことまだあるので、また落ち着いたら書き始めます♡

料理嫌い宣言!!

前回の記事はこちら→

そして、2月のある日事件が起こります。
帰国したての感動はどこかへ。以前よりだいぶましになったとはいえ、まだついつい尽くしちゃう。

毎日料理する日々。
毎日イライラ。
旦那に当たる日々。
ケンカもまた増えてきた。。。

このころ、アルサナ先生のブレッシング(ヒーリング)を受けるたび、お腹の中から何かが上がってきて吐きそうになるという事象が。自分で分かってました。ストレスだなって。
そして、ブレッシングによって、ため込んだ感情の最後の最後深いものがでようとしてる、そんな感触がありました。

そして、このころ、体調面でも絶不調。
謎のめまいがとまらないことに悩んでいました。
アルサナ先生のヨガクラスにすら、まともでれない(+_+)

そんなる日。
その日も体調が悪かったわたし。でも無理して起き上がり、ごはんを作ってしまいました。

なのに、彼はご飯を食べない、という( ゚Д゚)
(なんか理由あったけど、忘れちゃいました(笑))

当然、わたしは、「は!!!???( ゚Д゚)」ってなって、その瞬間、体の奥底から沸き起こった言葉

私!料理きらい( `ー´)ノ!!!

そう、いわゆる子宮≪魂≫からの声でした。
(子宮については、何度も紹介している子宮委員長はるちゃんのブログをご覧ください♡)

彼はね、当然激怒しましたよ。
こう言っては何ですが、彼は賭け事もしない、煙草も吸わない、お酒も飲まない、友達と遊ぶこともない、とっても真面目な人です。
食べることが唯一の楽しみ♡
ご飯が美味しければ、細かいことは言わない。そんな人。

そんな人の前で、

ご飯作りたくない!!( `ー´)ノ!!!

そりゃ、怒りますよね~。
彼は激怒してでていってしまいました((+_+))

一晩帰ってこない。

ああ、今度こそもうだめかな。
でもね、言葉にした途端、体はふわっと軽くなった。本当に体感として感じるくらい劇的な変化でした。
ため込んでため込んでため込んだものがようやく口から出て行った。

そんな爽快感!クリアな状態!

彼は出て行ったけど、もうね一人で笑い出したいくらい。
いや、実際、一人でニヤニヤしていました( *´艸`)

彼が帰ってこなくても、仕方ない、そんな変にすっきりした気持ちで夜を過ごしました。


そして次の日。

続きます。

バリ島に帰ってくると♡

前の記事はこちら→http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-662.html

3週間の一時帰国をおえ、バリ島に、彼の元に帰ってきました。

そしたら、奇跡が待っていました(*´Д`)

部屋に入ったとたん、ぽか~~~ん(+_+)

わたしがいない約3週間の間に、彼は部屋の大掃除&模様替え。
タンスやベットの位置が変わり、住みやすくなっている!
そして、シーツはぴしっと洗濯され。
ご飯まで用意して待ってくれてましたΣ(・ω・ノ)ノ!

なんてこった(*´Д`)
そうだった、彼はできる男だった!
すっかり忘れていましたが、5年も一人暮らしをしていたので、掃除や洗濯などお手の物。

同棲し始めた当初、キッチン道具や寝具など必要なものは、あっと言う間に全部用意してくれた。
わたしの服が大量なのを見て、大きなタンス買ってくれた。
バリ島についた直後、体調を崩した私に、毎日薬を作ってくれ、ご飯を買ってきてくれた。

もう一回言います。

そうだった、彼はできるいい男だった!(*´Д`)


結局、わたしが出来ない男に育てていた、それだけだったのです、、、
この気付きは相当大きかったです。

わたしが、やらなければやらないほど、彼は元のできる男に戻っていく。。。。。
尽くせば尽くすほど、彼はダメ男になっていく。。。。

なんという逆説的な事実。。。。

なんでこんな大事なこと誰も教えてくれなかったの?

心底、そう思いました。
だからこそ、わたしがこのブログに書こうと思ったのです。

疲れて一時帰国

前回の記事はこちら→http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-666.html

前回の記事で書いたような、地味~~~な実践を日々こつこつこつしていました。
自分を満たすことによって少しづつ苦しいのは、減ってきたけど、まだまだ彼の態度に変化はなく。
もうね、疲れ切っちゃった訳です。
色々タイミングもあったので、そのころ、日本に一時帰国することになりました。

実家で、なにも言わずとも毎日ご飯がでてくる、お風呂が湧いてる、そんな生活が恋しかった(*´ω`*)
彼に縛られず、思いっきりやりたいことができると思うと、すっごくワクワクしました(*´Д`)

実際に、一時帰国中は、心屋さんの講演会にいったり、東京までわざわざワークショップを聞きにいったり(*´ω`*)
温泉に行って、好きな友達に会って、美味しいものをたらふく食べて♡

毎日毎日好きなことばっかりしてました(笑)

それなのに、親からお小遣いもらったり、友達やお客様から沢山のプレゼントをもらったり♡
仕事もせずに好きなことばっかりしているのに、みんなが色々くれる(*´ω`*)

でもね、親からお金をもらうのにまだ罪悪感がどうしても抜けなった。
受け取ることがとても苦手でした。
愛もお金も同じエネルギー。受け取る練習が必要でした。

だから、自分に対して実験をすることにしました。

実家の近くの時計屋さんでみて、欲しくなった腕時計。

いままでの腕時計は頑張って頑張って仕事して貯めたお金で買った有名ブランドのもの。
形もおしゃれで、気に入って何年も使っていました。
頑張って頑張って心身ともにボロボロだったころの象徴ともいうべきもの。

だからこそ、新しい腕時計を、親に買ってもらおう。

腕時計を買うくらいの貯金はありました。
日本でマッサージ&ヨガで稼いだお金で十分買える金額でした。

でも、あえて、言ってみた。バクバクする心臓を抑えて。


私「お母さん、腕時計が欲しいの。買ってくれない?」

母「いいよ~。結婚祝いに買ってあげる(あっさり)」

私「( ゚Д゚)!ありがとう!」


そうだった、わたしの両親は欲しいといえば、なんでも買ってくれる人たちだった。
不器用だけど、いつでも愛をくれる人たちだった。
なのに、なぜかわたしはいつの間にか、

「両親に頼っちゃダメ」
「金銭的にも自立しなきゃ」
「しっかりしなきゃ」

と思い続けていた。

また一つ、ブロックが外れた瞬間でした。

そうして、3週間ほどの一時帰国を終え、バリ島に帰ると、奇跡が待ってました。

続きます

日々の実践(; ・`д・´)

前回の記事→http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

いまちょー幸せ♡
ですが、自他ともに認める「だめんずーカー」が一足でこんな幸せにたどり着くのはなかなか難しいわけです。
日々、こつこつ実践。
人体実験の毎日でございます(*´Д`)

実際に何をしたのか、書いてみます♡

1.「自分を満たす」
まずは、すでに書いた「自分を満たす」努力を始めました。
ケーキが食べたいなぁと思ったら、食べてみる。
今日はマッサージ行こう、とか。友達とプールに行ってみたり。
自分が楽しいと思うことを、1日1回だけやるようにしました。
ブログの更新もその一つ♡


2.「尽くさない練習をする」
書いてみるとアホっぽいですね(笑)
でもね、染みついた下女マインド、奴隷根性は1日やそこらでは抜けないのです。
気を抜くと、尽くそうとしてしまう。
体調悪くても、気分が乗らなくても、ご飯作ろうとしてしまう(;´Д`)

例えば、彼が夜に夜食作って、と言うわけです。
わたしはもうお皿も洗って、パジャマ来て、テレビ見ているので、動きたくないわけです。

今までなら、心の中でめんどくせ~(-_-;)とおもいつつ、立ち上がって夜食を作っていました。

でも、このままでは変わらない、だから、心を鬼にして 「イ・ヤ。自分で作って」という( `ー´)ノ

当然、いままで「はいはい」といってた彼女がそんなこというので、彼はびっくりして怒ります。
でも、ここで彼のご機嫌を取ろうとして、「わかった作るよ(-_-;)」といっては、元の木阿弥。

ベットに潜り込んで布団被ってでも、拒否!

もうね、ザワザワ半端ないです。
彼は休みなく働いているので、疲れているわけです、だから夜食位つくっても、とか、わたしのごはん足りなかったのかぁ、とかもう下女下女しいマインドが、わんさかわんさかわんさか。

そうすると、彼はしぶしぶ自分で作り始めて、「ふふん、やっぱり俺の料理のが美味しいな♪」とかご機嫌になります。
もしくは、「もういいよ!」といって、夜食なしでふて寝したりします。

こうゆうね、文章にすると、ものすごく地味~~~な抵抗を日々練習しました、、、、
でも、実際やるとめっちゃつらいです。
自分の中の罪悪感、できない自分を責めるマインドの声、彼の怒りの感情、そんな味わいたくない、声が沢山沢山聞こえてきます(:_;)

はい、正直にいいます。

めげて夜食作ってしまったこと、なんどもあります((+_+))

でもそんな自分でも許してあげる、今日はうまくできなかったけど、また明日やってみる。
そんな毎日でした。


3.「感情に蓋をしない」
少しでも、「イラっ」としたり、嫌だなと、思うと、普通は抑えようとしますよね。
それが大したことないものだと特に。
わたしは、ヨガインストラクターです。感情は俯瞰的に捉えて、巻き込まれないようにと教えられてきました。
だから、嫌な感情も切り出して捨ててしまうのです。
外には表現しない、それが美徳だと思っていました。

ってか、日本社会だと、それがいいって教えられてきたよね!?

でもね、実際のところ、現実うまくいっていない訳です。
それを認めてこれまでの常識の逆をしてみないといけない。

だから、パートナーに対しては、感情を目いっぱい表現する努力をしました。
まだ、まだ実践中ですけどね。
親にもここまで出してないってくらい。

泣く、わめく、怒る、なんなら枕ぶつけて「怒り」を表現しました。

そしてね、少しでも「イラっと」したら、大したことなくても見逃さない。
スルーせずに、わざと、爆発させるようにしました。

例えば、彼がおかずについて、ちょっと文句を言います。
足した内容じゃないですよ。
「このスープは魚の方が美味しいのに・・・・」とかなんとか。
それに対して機嫌が悪い私は

「作ってやったんだから、黙ってくえ~~~( `ー´)ノ!」

と怒りをぶつけます。
飛んだ鬼嫁です。

でも、いうとすっきりしてご機嫌になる(笑)

初めは、わたしの怒りの表現に対して、彼はショックを受けていました。
そりゃそうだ、いままで「いい彼女」演じてたのに、急に鬼嫁になったらびっくりします。

時には彼も感情的になって返してきて、そのまま大喧嘩、別れ話。
そんなことも数えきれないくらいありました。。。(-_-)

うう、書いてたら思い出して辛くなってきた。
そう、辛いですよ、とっても、毎日毎日先の見えないトンネルにいるような感じ。
でも、現状を改善するためには、盲目的に信じてやってみるしかない。


4.「甘える/バカになる」
これが一番難しかった。。。
自分の方が年上で、「できた姉さん女房」を装うとしてしまう、無駄なプライド(-_-;)

「できな~~~い」この一言が言えないのです。
これはね、パートナーに限らず、仕事でもそうです。
やればできちゃう、だからやっちゃう。

インドネシア語も、「できな~い」でいいのに、習得しちゃった。
バイクも「できな~い、運転して♡」でいいのに、練習して自分で乗れるようになっちゃた。
なんなら、ウブドからデンパサールまで片道1時間の距離を運転して、一人でイミグレーションまでいけちゃう。
市場パサールでの買い物も、「できな~い」って言えばいいのに、バリ人の友達に一緒に来てもらって買い物の仕方を伝授してもらい、できるようになっちゃった。
そして、バリ料理。。。「できな~い」って言えなかった一番のもの。近所のおばさまに、ならい、クックパッドを活用して、毎日なんとか料理を続けるという、、最近美味しくなったけどね(-_-;)

家事以外でもそう、ホテルの手配、タクシーの手配なんてお手のもの。
ボディーワークセンターで、働いてもいないのに、日本人の人にメニューの説明とかしちゃう。そしてなぜかクレーム対応とかしちゃう。

ほんと、生来の姫気質の人が心底羨ましい。。。。

以前、友達に、「(友達の家の近所の)●●さんに××って伝えてくれない?」って頼んだら、
「え?ムリ」ってさらっと断られて、衝撃を受けました。
わたしなら、「うん、わかった!いつ会えるかわかないけど、探してみるね!」って答えちゃうわけです。

このマインドの違い、わかりますか?

まだまだ、乗り越えていません。日々研究中です(*´Д`)

でもね、パートナーが外国人でいま、彼の国に住んでいるから、まだましです。
言葉や習慣などが、分からなくて当たり前って自分に許可がだせる。
だから、頼りやすい。

大家さんとの交渉や、ガス電気のこと、自治会への支払いとか全然わからん。
全部彼に丸投げです。
彼がいまやっていることにも、口だろうとしちゃいますが、舌かんで黙っているように気を付けてます。

もし、これが日本に住んでたら、絶対に一人であらゆることをやってると思います((+_+))


5.お金の管理を旦那に任せる
これは、物凄い葛藤でした。
本当に、カメのごとく一歩一歩。時には2歩進んで3歩下がる状態。
でも、お金、旦那さんからもらいたかったから、頑張りましたよ。

これは、また別記事にしたいと思います。

続きますよ~


現状のちょー幸せなこと♡

前回の記事を読んで親が心配してるので、いまめっちゃ幸せな状況を先に書いちゃいます( *´艸`)
でもねぇ、はじめの出発点きちんと書かないと、信ぴょう性ないよね~?
この記事→http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-660.html

まぁ、のろけ話ですけどね♡
読みたい人だけ読んでください(笑)

努力の結果、彼は元のできる男に戻りました♡

仕事もバリバリ、収入も右肩上がり♡

生活費も毎月一定の額くれるし、外でご飯を食べると必ず支払ってくれます。
先日、結婚式用衣装を二人で買いに行ったときは、かなりの額にも関わらず、全額すぱっと払ってくれました(≧▽≦)
でね、最初、荷物はわたしが持っていました。
まぁ、服なんで大した重さじゃないのです。

でも、ちらっと、こちらを見て、「持つよ」って( *´艸`)

バリ人男性が女性の荷物もつとか、あり得ないですから!

バリでは、女性は尽くしてなんぼですから!

先月、体調崩して寝込んでいたら、なにも言わず、薬草で薬を作ってくれ(バリ民間療法)、ご飯用意してくれました♪

なんなら、何もなくても眠い日があるわけです。女性は月経周期に左右されますからね。

最近、別に体調悪くなくても、眠い時は遠慮なく寝てます(*‘∀‘)
先日の新月のときも、ちょーーー眠くて、夕方まで寝てました☆
無理なんて一切しません。
それでも、彼は何も言わず、なんならお昼ご飯買ってきてくれます( *´艸`)

なによりね、自分が我慢せず、言いたいこといい、したいことをし、感情をきちんと彼にぶつけると、自分の内側がどんどん透き通っていくのをひしひしと感じるようになりました。
本当に、体感としてクリアなのです。内側が。
これはすっごい気持ちいい♡
なんだろー、ヨガとかして「はぁ、すっきり気持ちよかった♡」っていう爽快感が日常ずっと続いている感じ。

そうすると、様々な素敵なご褒美が待っていました( *´艸`)

自分が自分の「好き♡」「楽しい♡」のために、お金を使えば使うほど、なぜか同じ金額が返ってくる。
そんな現象が巻き起こり始めます。

大好きな長野いづみさんがブログで紹介していた龍の置物。
いづみさんのブログ:http://2010achieve.jugem.jp/
一目ぼれして欲しくなっちゃって即メール♪
DSC07956.jpg

そしたら、メールした次の日にお客さんから同額のお金を頂いたΣ(・ω・ノ)ノ!

そして、2月末にビザの更新手続きのために弾丸シンガポールツアーに行ったときのこと。
こんなアホなことして♪
sin4.jpg

ちょー名門ラッフルズホテルで豪華ランチビュッフェ♡
sin2.jpg

わたし、豚肉と牛肉が食べれないのでビュッフェ大丈夫かなぁ、と心配してたら、なんとインドカレーフェア(*‘∀‘)
インドはね、鶏肉がメインなのです♪
だから、安心して全部食べれました(≧▽≦)
sin3.jpg

デザートも美味しかった~( *´艸`)
sin1.jpg

と、シンガポールで遊び倒してバリ島に。
返ってきた次の日、母親から電話。

母「親戚の方から、結婚祝い頂いたから振り込んでおいたよ。●●円」

その金額、なんと、バリ島~シンガポール往復航空券+ビザ代+豪遊代を合わせたのとほぼ同じ金額でしたΣ(・ω・ノ)ノ!


最近、こうゆうことばかりなのです。
内側がクリアになると、それだけ「愛」も「お金」も入ってくる空間ができる( *´艸`)

パートナーシップ改善のきっかけ

前回の記事はこちら→http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-660.html

完全尽くし体質、下女マインド満載のわたし。
いわゆる「だめんずメーカー」です。

このままいけば、婚約破棄→日本に傷心帰国まっしぐら。

日々、頭の中で「こんなはずじゃなかった、こんなはずじゃなかった」

そう、付き合い始めた時の彼は、すっごく優しくて、頼もしくて♡
毎日本当に幸せでした。
それがずっと続くと思っていたのに、、、

そんな状況を変えてくれたのが、ある方との出会いでした。

性愛セラピストトレーナー 高木 晶(たかぎあき)さん
ブログ:http://ameblo.jp/miduki-ya/

実はしばらく前に興奮して高木さんにメールしました♡
それをブログでご紹介頂きました(*^^)v
http://ameblo.jp/miduki-ya/entry-12130534255.html

高木さんとの出会いはちょーーー偶然。
約1年前、大阪のバベルカフェというベーガンカフェで一人晩御飯を食べていたとき、店内にはわたしともう一人の女性しかいなくて。店長さんが紹介してくださって、お話しをした、それが高木さんでした。

高木さんは、オーガニック布ナプキンの miduki-ya (みづきや)というお店をしている、とのこと。
みづきやHP: http://ameblo.jp/miduki-ya/

ちょうどそのころ、バリ島の紙ナプキンが会わなくて、悩んでいたわたしは、飛びつきました!

布ナプキン使ってみたい(*'ω'*)♪

その場で、初布ナプキンを購入。Facebookでもお友達になってもらいました♡

それ以降、一度バベルカフェのパーティーでお会いしただけで、わたしはバリ島へ。。。

でも、彼との関係でもう悩みに悩んでいるとき、高木さんのFBから「性愛パートナーTT」という言葉が流れてきました。
性愛セラピストというものに、なるためのトレーニングを受け始めたとのこと。

なんだろう~と思いつつ、興味本位で調べてみると。。


「だめんずとばかり付き合ってしまう。
本当の幸せはどうやってつかめるの?

旦那のいうことを聞いてばかり
いつまで我慢すればいいの?

愛し愛される関係になる、それをサポートするのが、性愛セラピスト」

≪日本性愛セラピスト協会から引用≫


これって完全にわたしのこと!!??(;´Д`)

そこで初めて読んだのが、田中みっちさんの書籍「こうすれば、夫婦・恋愛関係が上手く行く!」でした。
田中みっちさんは、高木さんのお師匠様らしいです。素敵♡

もうね、読めば読むほど、

「こんなラブラブ夫婦ありなの!?」
「奇跡?」
「何の魔法?( ゚Д゚)」

”感情には蓋をせず、感じなさい”
→いままで感情は出しちゃダメって教えられてきたのに!?
 わたし、ヨガインストラクターだよ?感情に巻き込まれるなってヨガで教わったよ!?

”まず自分を満たすこと”
→自分をみたす!?どういうこと??

”男性との競争をやめる”
→!!!!???ずっと男に負けないようにって頑張ってきたのに( ゚Д゚)!!??

”旦那様は奥様の作品””コントロールを手放す””男性に人生を委ねる””お金の管理は男性に任せる”
→((+_+))((+_+))((+_+))(わからなすぎてフリーズ)

”下女を止めて姫として自分を扱う”
→撃沈( 一一)


でもね、この本は凄いことが書いてる!その感触だけはあった。
だから、何度も何度も読み込みましたよ。。。。

もう、いままでの「常識」と違いすぎて、どこから手をつければいいか分からなかった。
なので、まずは、「自分を満たすこと」から初めてみました。

自分の機嫌を自分でとること。

本当にささいなことです。

ケーキが食べたいなぁと思ったら、食べてみる。
今日はマッサージ行こう、とか。友達とプールに行ってみたり。
自分が楽しいと思うことを、1日1回だけやるようにしました。
ブログの更新もその一つ♡

ブログを更新する時間がないと、とたんにイライラします(笑)

そしたら、苦しいのが段々減ってきた。
この段階では、まだ彼氏にあまり変化はなかったけど、毎日自分を押し殺していた息苦しさが減ってきたような。

そんな感触がありました。

まだ続きます。

尽くし体質なわたし

パートナーシップについての前回はこちら→http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-655.html

わたしは料理が苦手です。
これはもう遺伝?
東京で一人暮らししていたときは、常に外食。家で料理することなんて一年に一回くらいでした。

その私が、バリ人のパートナーと同棲を初めてから、「良い彼女に思われたい」、「料理もできないのかって言われたくない」その一心で、毎日・毎日・毎日料理をし続けていました。
彼はバリ人なので、もちろん、バリ料理が好きです。日本食は味がしない、とのこと。
確かにバリ料理は香辛料たっぷりで、美味しいです。私も食べるの大好き♡

でもね、急に作れって言われても作れないわけです。
日本食なら、いままで何十年も食べてるし、母親が作っているのを見てきた。
だから、なんとな~く、作れたりする。

でも、バリ料理?香辛料???(;´Д`)?

ここで、初めからできな~~い、って投げちゃえば苦労しなかったのですが、そこは頑張り屋&尽くし体質のわたし。
なんと、近所のおばさまにお願いして、バリ料理を勉強し始めました(;´Д`)
ぎゃー、興味もないのに、よくやるよ!

そう、わたしは完全なる尽くし体質です。
同棲し始めた途端、料理、洗濯、掃除、完璧にし始めました。

「自分は働いていないから、これくらいはしなきゃ」

って、おいおいおい(;´Д`)

完全に下女マインドまっしぐらです。
(下女マインドについては、田中みっちさんのブログを見てくださいね♡)
でね、これをするとどうなるか、

旦那の”おかん”になります( ゚Д゚)

電気をつけろ、テレビのリモコンをとれ、ジュースを買って来い、夜食を作れなどなど。。。

でね、これ、はいはいってやってました(;´Д`)
同棲開始から2~3か月。

まさに地獄。自分を殺すという地獄。。。

どんどん酷くなる束縛。
友達と遊んでは、「どこに行ってたんだ!?遊びにいくな!」と言われ、ごはんを作っては「まずい!」と言われ。
「日本人となんて付き合うんじゃなかった。いまからバリ人の彼女を探す」
「もうお前は、おばさんだ」(わたしは7歳年上です)

ひどい言葉の毎日。。。

しかも、その間、家事はすれども、生活費もらっていませんでした。

つまり、彼氏ヒモ状態(;´Д`)

わたしは貯金を崩し、親の仕送りを使って、旦那に料理して、洗濯して、自分の楽しいことは一切せず。

今書いてても、痛い。痛すぎる。。。_| ̄|○_| ̄|○

彼氏に感謝されるかと思いきや、ケンカは絶えず、いつも

「もう終わり。やっぱりバリ人となんていまく行かない。日本に帰ろう(;_:)」

本気の別れ話をしたことなんて、両手で足りないほどです。

続きます。

静寂の日ニュピ 2

前回の記事は→こちら

そして、いよいよ深夜24時。
特別な一日が始まります。

バリ島の新年ニュピは、

☆火の使用禁止
☆電気の使用禁止
☆外出禁止
☆テレビ番組も放送なし
☆バイク・車の運転禁止

という日。世界でも恐らくバリ島のみであろう特別な日です。空港も閉鎖されるため飛行機も飛びません。
公道には、自警団が見回りをしており、外出した人がいると、家まで送還されます、、、
毎年、知らずに(またはわざと?)外出した外国人が自警団につかまるという事件も起こるそうです。
バリの町中は人っ子一人いません。

いつも観光客で賑わう海岸沿いの大通り。だれもいな~~い。
bali nyepi
出典:ハウズバリ バリ島生活情報誌

本来は、断食をして瞑想をする日。
ですが、現代のバリ人は特に断食はせず、前日用意した食事を食べるのが普通です。

しかしながら、アシュラムでは本来の意味でのニュピを過ごします。
アシュラムにはモノブラタと言われる修行法があります。

●しゃべらない
●飲まない
●食べない

ニュピの日は特別にバリ人、外国人、みんながアシュラムに集まって、モノブラタをします。
8日深夜から、9日一日中、そして10日明け方までの約30時間。
約40人が一斉に沈黙の行を行う様はすごく不思議な感じでした。
人が一杯いるのに、ほとんど物音がしないのです。
会話はもちろん、足音も控え目になる様子。

そして、この沈黙の行の最中に日蝕!!

バリ人はあまり興味がなさそうでしたが、わたしは一人ウキウキしながら太陽を見上げましたよ!
わーー、本当に太陽が三日月型にかけてる♡
サングラスなど用意してなかったので、肉眼で必死に目を凝らしました
(良い子はマネしないでね(笑))

そして、夜。
バリ人がみーーんな寝静まった後。

時刻は、深夜1時。

一人でこっそり起きだして、アシュラムの広場で大の字になって星空を見上げました。
吸い込まれそうという言葉がこれほどぴったりな空は他にないでしょう。

photo by Анатолий Озарто
bali sky 3

bali sky

bali sky 2
(カメラがなかったので、友人のFacebookから写真をお借りします。でも、本当に肉眼でこれくらい見えました。)

辺りには人工的な光が一切なく。

あるのは、星とほたるの光、わずかなキャンドルの火だけ。

星ってこんなにあるんだ。
日本の大阪という割と都会に生まれ育った私には、衝撃的な空。

いままで見ていた夜空は一体なんだったのか。
でもね、これ、バリ人には「当たり前」なのです。

日本の特に都会では星は見えなくて「当たり前」
でも、バリでは新月は星空、満月は美しい満月が「当たり前」

いまだに西洋のカレンダーではなく、星、太陽、月の動きに連動したバリ独自のカレンダーを使用しているバリ島。
人間本来の周期をよほど表しているような気がします。

星とともに、月とともに生きるバリ人。

それが、「当たり前」


日蝕&新月&新年ニュピ(静寂の日)という、二重にも三重にもスペシャルな日に、ここにいれることを感謝します♡


そして、来年は、アシュラムのみんなとニュピを体験するニュピツアーとか企画したいなぁと、思っています。
たぶん、アシュラム経験者限定になるかな(^_-)-☆


静寂の日ニュピ 1

昨日は色々なことが重なりまくった人生に一度きりであろうスペシャルな日でした(*´Д`)

☆新月
☆日蝕(インドネシアでは一部地域皆既日食!)
☆一粒万倍日(この日にすることは万倍になって返ってくるという吉報日)
☆虎の日(金運の日)
☆ニュピ(バリカレンダーの新年)
☆アシュラムの皆でモノブラタ

なんか書き出すとすごい日ですね、、、、
書きたいことが沢山のあるのですが、まずは前日のオゴオゴから☆

ニュピ(Nyepi)とは、サカ暦の第10の月、サシー・カダソーの1日目に行われる行事で、この日は外出、労働、灯火の使用、殺生などが一切禁じられ、一日静かに瞑想し世の中の平和を神に祈る日です。

このニュピの前日は月が隠れるティルム(暗月)の日で、冥界のヤマ神が大掃除をするので、悪霊プト・カロが地界を追い出され地上に這い上がってくると言われています。各家庭では鍋釜を打ちならし、家に入り込んだ悪霊を追い出し、各村々ではオゴオゴと呼ばれる鬼の張りぼてを作り村を練り歩きます。

参考≪バリ島旅行.com≫http://www.balitouryokou.com/sightseen/column/nyepi.html

ウブドの町中は交通規制。
どの通りもオゴオゴを見る人であふれかえり、大賑わい(らしいです)

出不精のわたしは、ウブドまで行かず家の前のお寺のかわいらしいオゴオゴパレードを見て満足(*'▽')
だって、ウブドまでいくと、帰れないんだもーーん

でも、小さい規模とて侮るなかれ。
神秘的な雰囲気に包まれる、村。
IMG_8307.jpg


そして、男たちが開始の合図とともに、火を噴く!
IMG_8295.jpg

こっちも火を噴く!バリ人意外と派手好きです。
IMG_8310.jpg

そしていよいよオゴオゴの出発☆
何週間もかけて作った力作です。
IMG_8321.jpg

子供たちのオゴオゴも入れると合計4体
IMG_8317.jpg
>

みんなお揃いのシャツをきて気合入っています。
この可愛い子はわたしの友達 アユちゃん(≧▽≦)
IMG_8279.jpg


大騒ぎのオゴオゴパレード。
これが終わると、深夜24時以降はいよいよニュピ(静寂の日)の開始です。

長くなったので、二回に分けます。
続きはこちら

参考文献♡

9日はバリ島の新年、ニュピです。
この日は、一日火・電気・インターネットなどの使用禁止。瞑想をして過ごすというとってもスピリチュアルな日。
しかも!
インドネシアでは日蝕が観測できます(*´Д`)
なんて、スペシャルな日!
こんなときに、バリ島、しかもアシュラムに入れるなんてちょーラッキー(*^^)v

というわけで、明日夜からインターネットに接続できないので、先にこのブログを上げておきます。

前回、パートナーシップについて、すこし書いたところ、大反響(*´ω`*)
やっぱり、みんな興味あるよね!
わたしも興味ある♡

少しづつ、自分のパートナーシップについて書いていきますが、先に宣言しておきます。

これから書くことはこの方々のパクリです(≧▽≦)
なので、わたしのブログ更新がとまって、「ああ、もう早く知りたいのに!」という方はこの皆さんの本・ブログを読みましょう。

あと、これからわたしのブログで書くこと、誰が言っていたことか、どのブログかなど、参考文献をさがすのが、面倒なので、先に言っておきます。いちいち、参考リンクとか貼りません。
でも、以下のブログか本からの出展です( *´艸`)

◆ブログ
心屋仁之助オフィシャルブログ 「心が、風になる」
http://ameblo.jp/kokoro-ya/

子宮委員長はるの子宮委員会
http://ameblo.jp/jj-haru/

【母の呪いを解放し、本来の自分らしく楽に生きる】心身調律セラピスト岡田哲也のブログ
~アダルトチルドレンからの脱却法

http://ameblo.jp/iyashiya1848/

性愛とこころ(と、お金)のマスタートレーナー田中みっち公式ブログ
http://ameblo.jp/micchi222/

◆書籍
子宮委員長はる『子宮委員長はるの子宮委員会』
子宮委員長はるの子宮委員会

心屋仁之助『ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!』
ゲスな女が愛される

心屋仁之助『ダメなあいつを、なんとかしたい』
ダメなあいつを、なんとかしたい

ローラ・ドイル『サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる―この人と、もっと幸せになるために』
サレンダードワイフ

田中みっち『こうすれば、夫婦・恋愛関係が上手く行く!: 〜性愛とこころの12の法則〜(キンドル版)』
こうすれば、夫婦・恋愛関係がうまくいく

さぁ、いますぐ夫婦関係・恋愛関係を改善したいひとは、とにかく読んで実践してみましょう~(^_-)-☆

特に、はるちゃんの子宮メソッドは必読です。
子宮メソッド全集

マニアックなまでに子宮について分析・追及してるのが、すごい好き(*´Д`)
わたしも、実は分析好き・思考型です。

あ、それでちょっと思い出しました。
昨日、「クンダリーニ上昇プロセスと自己肯定感とは相関関係がある!」と熱く語っていたところ、それを聞いていた友人に、「そういう分析することに何の意味があるわけ?悪い癖だよ。」とばっさり切られました。

いやー、頭にきましたよ♡
久しぶりに目の前がざーーーと、狭くなるほど(*´ω`*)

分析好き・思考型のわたし自身の存在価値をばっさり否定されたと、感じました。
ま、彼女に悪意はまったくなくて、単純に感想だったんですが、わたしは心狭いので(笑)
思わず、「この宇宙人!人に興味ないんでしょ!?」と攻撃しちゃいました(-_-;)

えーと、話がそれましたが、わたしは分析好きです。
なので、パートナーシップやクンダリーニタントラヨガについても、分析してその持論を展開することを喜びを感じます(≧▽≦)

分析なんていらないよ!という方は読まないでくださいね☆


パートナーシップについて語ってみよう

ものすごく、ご無沙汰しております。
ずっと書きたいことがあったのですが、これを書いていいのか、どうも思いきれなくて。
でもね、書かないと、他のこと書く気にもなれなくて。

今日思い切って書いてみます。
表題の通り「パートナーシップ」について。

ブログではすこし書きましたが、現在バリ人のパートナーと同棲中。今月末に結婚予定です。
でもここまで来るの、本当に大変でした(;´Д`)

もう何度も何度も何度も、別れよう、日本に帰ろうと。。。
去年の6月から今年2月までの約8か月。毎日が試練でした。

なにがってもちろん、表題の「パートナーシップ」です。

日々、試行錯誤。。。

自慢ではありませんが、これまでのわたしは、全く幸せな恋愛をしていませんでした。
このブログ、元彼、親戚、親も見てるのでめっちゃ書きにくいのですが(;´Д`)
実は、これまでは、短期間で降られる、二股、不倫、束縛などなど。散々経験しました。
もうね、全然幸せじゃなかった。

だから、約1年前にいまのパートナーに出会って、結婚を前提につき始めた時、わたしは必死で勉強しましたよ!

幸せな『パートナーシップ』について(*´Д`)

だって、数学や国語、ヨガだって勉強しないとできないのに、なんで世の中の人は、勉強せずに恋愛・結婚がうまくいくの?
少なくとも、わたしは分かりませんでした。幸せなパートナーシップがなにか、知らなかった。

だから、必死です。

手当たり次第本をよみ、ブログを読み漁りました。

でもね、その結果は劇的でした。
8か月かかったけど、「わたしの彼は最高にいい男です♡」って言えるくらい、幸せです。

彼は日に日に男らしく、頼もしく。そして、彼の収入は付き合い出したときの3倍になりました(*´ω`*)
そして、生活費も彼がくれるようになりました。
バリ人が日本人のパートナーにお金を渡すって奇跡だって周りの日本人の友人たちに言われます。

ちなみに、日本人女性がバリ人と結婚すると、「ザ・ヒモ製造機」になります。
日本人女性がお金上げる→旦那働かない→いつの間にか浮気→離婚。
このパターンがめっちゃ多いのです。

わたしはこのパターンに陥りたくない、一心で、様々な方のブログを読み込み、ひたすら実践しました。

こつこつ、こつこつ、こつこつ。。。

なんども何度も分かれる危機がありましたが、何とか乗り越え、今月末結婚式を迎えます。

何をしてきたかというと、とってもシンプル


・感情に蓋をしない
・いいたいことはいう。(悪口・毒舌でもいう)
・やりたくないことはしない
・自分の機嫌をとることに全力をあげる
・お金の管理は彼に任せる
・受け取り上手になる


こうして書くと簡単ですが、日常生活で実践するととっても大変です。
そもそも、長い目で男性を育てる覚悟がないとできません。

うまく書けるかわかりませんが、この8か月で学んだこと、ゆっくりゆっくり書いていきたいなぁと思います。
クンダリーニタントラヨガとパートナーシップの関係も書いていきたいなぁ(*´ω`*)

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。