スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない世界との懸け橋

前回の記事で占い師さんに見て頂いたことを書きましたが、迷ったときに、見えない世界の声を聞くこと、わたしは「あり」だと思います。むしろ積極的に聞きにいきます。

そもそも、わたしは「見えたり」「聞こえたり」しない人です。
アシュラムで修行なんてしてると、見えるのかと思われそうですが(笑)

ただ、割と昔から見えない世界がある、と知っていました。
それが幽霊なのか宇宙人なのか精霊なのか、バリ島でいうスピリットなのか、自分でもよくわかりません。

ただ、事実として知っていた、という感じ。

でも、いまから思うと、それを思い出したのも、2012年でした。それまでは、自分に蓋をしていたような。

2012年についてはこちら↓
スピリチュアルな旅 
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-633.html

見えない世界の扉を再び開けてくださったのは、このブログでも何度か紹介しているMooNさま。
そう、MooNさまに初めて会ったのも、2012年なんですよね。

MooNさまについてはこちらの記事をご覧ください♪
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-374.html

いまこの記事読んで思い出しました。
そうだ、ブログを書き始めたのもMooNさまの一言がきっかけだった( ゚Д゚)
初めて会ったときは、もう号泣だったなぁ。抱えていた重たいものをようやくおろした、そんな気分でした。

そして、アルサナ先生に出会うきっかけを与えてくれたのは、実はMooNさまの何気ない一言だったりします。
当時、仕事を辞めたばかりで、特段予定もなかった私に向かって。

「さえちゃんさ~、バリ島いっちゃいなよ。アルサナさんって人がいるから会ってきたら?」

この言葉、いまだに忘れられません(笑)
この一言がなければ、いまの私はいない、という意味で人生を決める一言。
そして、素直な私はこの直後、本当にバリ島にいき、アルサナ先生に会います。

それから先は先日書いた通り↓
スピリチュアルな旅 その3
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-637.html

MooNさまのサイト
http://moonemissary.parallel.jp/

それ以来、有難いことに、私の身近には、見えない世界の架け橋となってくれる方が現れます。
折々に声を伝えてくれます。

長野いづみさんと一緒にジャワにいって、初めて本格的なジャワ式儀式を体験。
サイキックの方とお話ししたり。

名古屋で、古代インド占星術を行っているサンサーラにお伺いしたり。
心の空サンサーラ
http://sunsar.chu.jp/astrology.html

そういえば、サンサーラで見て頂いたとき、「わたしは本物の導き手に会う星の元に生まれてる」と言われ、納得しました。
日本でも、バリでも素晴らしい指導者に出会い、いまこことにいます。

あ、でもこう書くと頻繁に聞きに行っているように思われるかもしませんが、実際は、年に1回ほどです。
多くても半年に1度。
最後に選択するのは結局は自分なので、何かを決めるとき、参考にしますが、依存はしないように心掛けています。


今日はいっぱい書いてしまいました(笑)
でも、書ききったので満足♡

今日はアシュラムでは、満月のセレモニーです。
大盛り上がり間違いなし。楽しみです(*´ω`*)
スポンサーサイト

占いで爆笑(笑)

今日はもう一つ。
占いの結果があまりにもツボだったので、ご紹介させて頂きます♪


私の結婚を心配する母。

私「(国際結婚なんて親からしたら心配だよな~)じゃあさ、占い師さんにみてもらえば?
  お母さんが少しでも安心できるなら、見てもらって~」

母「いいの?」

私「もちろん!彼の生年月日は××年●●で~・・・」

と、前回の帰国の際に言ってまま、すっかり忘れていました。


ところが、本当に占い師さんに見てもらったそうで、回答が送られてきました。
 
--------------------------------------------------------
さえこさんの結婚生活は非常にうまくいくと思います。
そもそもさえこさん自身から「自分にとって幸せなことしかしない」という信念のようなものを感じます。
どんな風になっても絶対に最後には、自分に実りがあるようにしてしまうと思います。なので何も心配することはないくらいです。
心配するよりむしろ、信じてあげてください
--------------------------------------------------------

あははははは!
これには、見た瞬間、爆笑しました!
相手、すでに関係ない!日本人とかバリ人とか全く関係ない!

わたし、どんだけわがままやねん!と自分で自分に突っ込み入れました(笑)

でもね、まさにこれだと思います。
最後には自分しかない。
自分の魂の声をしっかり聞いて、心地よい選択を真剣にしていく、その先に現れたものに、一切の後悔はないでしょう。

こちらの素敵なコメントを下さったのは、ママレスタジオにもお越しになる占い師 透香さま♡
わたしはお会いしたことないのですが、この占い結果を聞いて、一気に親近感♡

透香さまに会いたくなった方は、ママレスタジオにぜひ♪
http://www.mamare.biz/top04.html

その他、遠隔リーディングやセッションも行っていらっしゃるようなので、ご興味ある方は、透香さまのサイトをご覧ください。

透香さまのサイト
http://c-clarity.blogspot.jp/

わたしも、次回帰国したら会いに行きます~(*'▽')

久しぶりの更新

先週から体調はいまいち。
この一週間、ご飯を作るのと寝ること以外ほぼしていない(-_-;)

そして、今朝は、朝から断水。。。
断水対策にポンプがあるにも関わらず、なぜか断水。わけがわからん、、

でもなんとか朝からご飯を作り午後は体調もよいので、久しぶりに外出!
ブログ更新するの久しぶり~♪
嬉しい~~(*´Д`)

ちょっと最近思ったことを書かせてもらいます。
わたし、バリ島で何がしたいのかなって、よく考えてました。
ビジネスを始めるわけでもなく、仕事をするわけでもなく、最近は、ご飯を作って、お祈りして、たまにヨガ教えるくらい。
日本人の人が来たら、ちょこっとお手伝いするけど、大したことしてないし。

でもね、なぜか生きている。
特段お金にも困らず。
無駄使いするわけではないけど、カフェでコーヒーのんだり、ケーキ食べたりできる程度には困ってない。

今週は体調が悪くて、「ヨガを教える」という唯一仕事っぽいことすら手放してみた。

でも、わたしの価値は変わらなかった。
みんな優しいし、わたしが生きていくことを許してくれる。
日本の人はなぜか感謝してくれる。

努力して何かを成し遂げなければ、苦労して仕事をしなければ生きる価値などない、と思っていた3年前の私はもういません。
ただ日々を生きる。
これって実は素晴らしいことなのでは!?

なんかそんなことを思っていたら、今朝突然降りてきた言葉。

わたし、単純に「バリ島がしびれるほど好き」なのです。

ここにいることが、すでに好きなことを全身全霊で行っている、ということ。
だから、何かを成し遂げる必要性を感じていなかった、らしい。

なんか自分で納得しました。


ただ、もう少ししたら、急な何か始めそうな、そんな予感もあります(*´ω`*)
自分でも何を始めるか分からなないですが(笑)

すごいことが起こった

最近、書きたいことが多すぎる、けどパソコンに向かう時間がなかなかとれなくて。
日本にいるとずっとパソコンに向かっている感じなのに、バリ島にいるとなかなかそうもいきません(´・ω・`)

でもね、もうまずはこれについて書かないと他のこと言えません。

先日、尊敬する長野いづみさんのブログにて紹介頂きました。

目標へ進むひとたち ヨガの編
http://2010achieve.jugem.jp/?eid=1111

昨日の朝、友人からのメールで気が付いたのですが、メール見た瞬間に号泣。
いづみさんのブログを震える手で開いて、もう涙で文章がみえなくて。

昨日の朝、Facebookに挙げた言葉がすごくその時の感情を表しているので、そのまま転載します。

1 月18日付けFB記事---------------------------------------
尊敬する長野いづみさんのブログで紹介頂きました。
もうね、いま感動のあまり、涙が止まらない。泣けて泣けて仕方ない。
昨日ね、ずーーっとつかえてたことが解決したのです。わたしがどちらかを諦めれば簡単だった、でもどちらも諦めたくなかった!
それがようやく自分の望む最善の形で解決しました。それはまるで自分が新しい一歩を踏み出したかのような出来事。
そんな日にまるで図ったかのように、応援メッセージ。
なんだこれ、なんだこれーーーーもうだめだ、泣けて仕方ない。
いづみさん、ありがとうございます(>_< )
------------------------------------------------------------

そうなのです、ずっと抱えていた問題がまさかの展開で解決したのです。

それは、「国籍」

結婚後に、日本国籍かインドネシア国籍かで、双方の両親の意見が違いまして、あわや結婚中止!?という状況でした。
でも、わたしにとっては日本の両親も、彼も愛する大切な人たち。
このまま意見が食い違って仲たがいなんて絶対に絶対に嫌でした。

数か月、解決せずに抱えていた問題でしたが、それがようやくようやく、解決しました。
しかも私にとっては最善の方向で。

わたしは、ものすごく強欲な人間です。
わたしはだれも諦めたくない。
自分にとって大切な人たち。
大切なもの。
なによりも自分自身の気持ち。そして魂の声。

わたしはこうしたい!こうすれば幸せ!
その声を無視することができません。
自分勝手と言われようと。

わたし、本当にわがままになったなぁとしみじみ思います。
これも、バリ島生活で学んだことの一つです。
いままでの私なら、きっと諦めて彼と別れてました。

何も諦めるものなどない、それが確信となった記念すべき日。
そんな日に狙ったかのように応援メッセージ。

すごいなぁ、いづみさん。
本当にありがとうございます♡

スピリチュアルな旅 その3

今の時期、バリ島は雨季のはず、なのにこのところ雨が降りません。
毎日カンカン照りでめちゃ暑いです(*´Д`)
去年は今ぐらいには毎日のように降っていただけに、ちょっと心配。
水不足の場所などないといいのですが。

今月は日本のかたが沢山OMHAM&アシュラムにいらっしゃいます。
日本の方がくると、自分も学ぶことが多いのですごく楽しみ♪
最近、気が付いたのですが、アシュラムやOMHAMにいらっしゃる方をお手伝いするの、どうやら好きみたいです。

自分でも気が付いてなかった( ゚Д゚)

さて、今日はスピリチュアルな旅の続きです。
アルサナ先生に出会ってから、色々なことが巻き起こります。
まずは、アルサナ先生の弟子であるリンゲンさんとの出会い。

2013年9月にアルサナ先生のヨガクラスに初めて参加し、衝撃を受けました。
なんだこのヨガは( ゚Д゚)!!
わたしがこれまでやっていたヨガのどれとも違う、パワフルでエネルギーに満ちていました。
終わった後の爽快感、体にエネルギーがみちる感じは言葉にするのが難しいです。

以来、すっかりクンダリーニタントラヨガにはまった私。
帰国までわずかな日数しかありませんでしたがボディーワークセンターに毎日通うようになりました。
8月31日にアルサナ先生に出会ってから、帰国まで約5日。
まさに求めていたものに出会ったような不思議な感覚に導かれ、とにかくもっと学びたい、知りたい、そんな状態に。

そして、出会ったのが、リンゲンさん。
当時短い期間だけ、ボディーワークセンターでヨガクラスを受け持っていました。
※2016年1月はすでにボディーワークセンターでは教えていません。

初めて受けるリンゲンヨガ。アルサナ先生とのまた一味違いながらも、そのエネルギー、フロー感。
人を引き付ける魅力のあるヨガスタイルでした。
そして、初めて会ったその日に、なぜか「日本に行きたい」と言われ、、、、その時は何の冗談かと思いました( ゚Д゚)

この時は、この出会いによって本当にリンゲンさんを日本に呼ぶことになろうとは夢にも思いませんでした、、、


心を残しながら、この時は日本に帰国。
でも、もう魂は完全に奪われていました。

ウブドに行きたい、バリ島に帰りたい。クンダリーニタントラヨガをもっと勉強したい!

あまりにも強烈な思い。
もう我慢すらできず、日本にいながら、いつも魂はウブドを想っていました。

強烈な衝動に突き動かされて、この時まだ東京に持っていた部屋を引き払うことにしました。
そして、10数年ぶりに大阪に帰ることに。

でもここに至るまでの葛藤は自分にとってとても苦しいものでした。

会社員を辞めてからも、「首都である東京に住む自分」にステータスを感じ、どうしても東京に住んでいたかった。
この時期キッズヨガを教えたいと思い、勉強したのですが、仕事にするまで確立することができませんでした。
東京でヨガを教えようと色々活動してみたりもしたけど、どうもうまくいかない。息苦しい。

消えていく貯金残高、就職するべきかどうかの不安。。。。
目の前にせまる挫折感。

かっこいいこといって会社を辞めたくせに、ヨガでは東京で生活ができない、と認めることがものすご~~~~く嫌でした。
そう、負けず嫌いの私は、弱みを見せることにものすごい抵抗を感じていました。
つまり、負けを認めたくなくなかった。

10数年も大都会東京で一人暮らしをし、会社員になってからは経済的にも完全に自立。
親や兄弟も一人で暮らす私をいつも「えらいね~」とほめてくれていた。


いまさら、実家に帰りたいなんていえない。
わたしのプライドが許さない。
親や兄弟に弱みを見せたくない。
自立できていな自分を認めたくない。
東京で暮らさない自分には価値がない。。。。

本当に今から思うとなんて無駄なプライド(*´Д`)

そんな自分への無価値感や日本で働くことへの常識を拭きとばしてくれたのが、アルサナ先生、リンゲンさん、そしてバリ島で出会った数多くの日本人でした。
過去の記事見てたらこんなこと書いてました。

バリ島の理由
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-306.html

2013年10月23日の記事を一部抜粋--------------------------
前回バリ島にきて、人生に対する価値観が、音を立てて変わりました。

一つが、日本に住んで、仕事をする以外の選択肢があることに気がついたこと。
そして、沢山のお金がなくても、幸せに生活できると学んだこと。


今まで、南の島で質素ながら、幸せに満ちた生活している人をテレビでみて、「いいなぁ、あんな生活がしないなぁ。でも私には無理だ」と思っていました。

でも、バリ島にきて、実際にこちらで生活している日本人と知り合うことができて、沢山の日本人が「いいなぁ」という生活を実現していることを知りました。

日本とバリ島を往復しながら、生活しているのを見て、私が「いいなぁ」と思う生活はけして、不可能ではないと気がつきました。
その生活を送ることを選択するかしないか、ただその違いだけです。
----------------------------------------------------------

我ながら、いいこと書いてる(笑)
そう、まさにこれでした。
無価値感なんか吹き飛ばす、強烈な想い。そして、一大決心。
東京から大阪の実家へ10数年ぶりに帰ることを決心します。

親にメールをした時の感情、いまだに覚えています。
心臓はばくばく、手は震えながら、実家に帰りたいこと、支援して欲しいこと、メールで書きました。

これまた吐きそうでした(笑)

自分が「できない子」であることを認める瞬間。
負けを認める瞬間。
いままで一人で頑張ってきたけど、もう頑張りたくない!って認める瞬間。

人生が変わるメールでした。
それまでは、経済的な自立=自分の存在価値であるという思いが強すぎて、親からの支援を受け取ることができなったのです。
でも、この日をきっかけに、「受け取ること」ができるように。

一人で頑張るなんてとてもちっぽけなプライドです。
でも、親・兄弟・他人からの支援を受け取ることで、もっと何倍も豊かになる。

いまでは、もういろんな人に甘えまくりです(笑)
親や兄弟から物理的、金銭的、精神的に支援をもらいますが、「ありがとう~~~♡」って感謝して遠慮なく頂く。
頼れる部分は頼る。
よく日本からのお客様にご馳走になりますが、「ありがとうございます♡♡」って受け取ります。

でもここに至るまで訓練が必要でした。
一人で頑張ってきた過去がある故、誰かがご馳走してくれる、ともなると「いや!いいです!!いいです!!!」って言いそうになる、、、でもぐっと堪えて「ありがとうございます♡」という。
未だに、過去の習慣がでてきそうになるので、毎回気を付けています(*´Д`)

また長くなったので、いったんこの辺で。
あと一回くらい書くかも?

番外編

スピリチュアルな旅の途中ですが、ちょっと書きたいことがあるので番外編。

バリ島に来てから色々な方のブログを読むようになりました。
日本だとあまり読みませんでした。前回の記事で書いたいづみさんのブログくらいかしら。

でね、最近わたしが欠かさずに呼んでいるブログはこちらの御二方。
※先に、言い訳しますと、わたしはお二人のセッションを受けたり、直接お会いしたことはありません。
 あくまでもブログなどから受ける印象で話しています。もし失礼な内容や勘違いの部分があったらごめんなさい。

心屋仁之助さん
http://ameblo.jp/kokoro-ya/

子宮委員長はるちゃん
http://ameblo.jp/jj-haru/

心屋仁之助さんはテレビにも出てて有名人ですよね。
ふとしたきっかけでブログを読むようになって、本をキンドルで買ったり。
先日、日本に帰国した際には、講演会いっちゃいました(笑)

心屋さんついては、また今度書かせて頂くとして、今日は、子宮委員長はるちゃん。
極端な表現も多いし、かなり常識から離れた内容もあるので、賛否両論あるみたいですが、わたしの感覚としてははるちゃんが書いてることに、かなり賛同できるなぁと思います。
(我ながら上から目線ですね(-_-;))

特にはるちゃんが提唱しいてる子宮メソッドはとても面白いです。

子宮メソッド全集
http://ameblo.jp/jj-haru/entry-12078775182.html

特にこのカルマ粒の下り。
「子宮周りに抑圧された感情はカルマ粒としてたまる、つまり我慢、ストレス。」
http://ameblo.jp/jj-haru/entry-11895055595.html

おお、アルサナ先生がいつも言ってる、「感情は骨盤周りに溜まる」と同じだ~!とこれを読んだとき感動しました。
(わたしはここまでうまく説明できないので、ぜひ読んでほしい~。特に女性の方。すごい天才的な説明だと思います)

クンダリーニタントラヨガで骨盤周りを集中的に動かすのは、この感情・ストレス・執着を手放すため。
なので、ため込んだ感情が突如上がってきて、泣き出したり、怒り出したり感情的になることがあるんですよね。
わたしもヨガをしたり、瞑想していると、突然、悲しみや怒りがぽこっと浮かぶことがあります。
体のどこかにため込んだ感情が、水面に泡になって浮かんでくる感じ。
ぽこっと浮かんでふっと出ていくと、また一つ未解消の感情が解決したな、と思います。

一つ補足しておくと、はるちゃんは子宮にアプローチしてすべてを解決するテクニックを提唱しています。
つまり下から上へのアプローチ。

アシュラムやアルサナ先生は、アーサナヨガなどで下から上。ブレッシング(頭からエネルギーを通す)で、上から下。
両方向でアプローチする、だから早い、と言います。

テクニックはなんであれ、皆が幸せになればそれでいい。
そんな風に思う今日この頃です(笑)

ほっこりカフェタイム

ただいま、ウブド街中のカフェでほっこり休憩中。

色々つい忙しくしてしまう私の性格において、この1時間を確保するかしないかで、生活のペースが全然違ってきます。
ぼうっとコーヒーを飲んでパソコンに向かうことで、すごくリセットできる。
自分一人で、自分だけの時間を持つということが凄く大事なことだと最近改めて実感しています。

別にコーヒーを飲みたいのではなく、コーヒーを飲んでパソコンに向かっているこの時間が好きなだけ。
常に動き回るエネルギーがふわっと沈静化していく時間。

しかも、壁のないカフェで風が気持ちよく吹いてて、目を上げると緑。
もう最高です。だからウブド大好き~♪

今日もいい一日です♪

ちなみに、昨日のシバラトリはバリ島で最も大事な神様シヴァ神を祭る日。
アシュラムのセレモニーもめちゃくちゃ盛り上がりました♪
夕方5時に始まって、終わったのは夜11時。まさかの6時間ぶっとおし。
最中は結構疲れちゃって、早く終わんないかなぁとか思うのですが、終わるとまた行きたいって思っちゃう。
ようするに好きなんですよね。

アイドルのコンサートで6時間大盛り上がりして、疲れるけど、テンションが高い、あの感じに近いのかな。
(アイドルのコンサート行ったことないけど(笑))

今朝もあまり寝てないけど、体調は万全。
そもそもバリ島にいると、だらだら昼まで寝てるとか、あまりないかも。
エネルギーが体内を巡り続けているので、動き回れる。
そして疲れない。

今日はバリ島の新月です。
毎日セレモニー☆

スピリチュアルな旅 その2

調子にのってその2まで書いちゃいます。

2012年、いづみさんとの出会いによって、ほぼ初めて知った「スピリチュアルな世界」。
最大の学びは、現実は自分の内面が作りだした鏡である、ということ。
いまでは当然のこととして受け入れている自分がいますが、この時は衝撃的でした。
いままでそんな発想したことないし、現実と自分は完全に切り離されたものとして認識していました。
でも、いづみさんは「現実は自分が作っている、心地よい選択をすればよいだけ」と。

そして、ずっと辞めたい、辞めたいと思い続けた会社をようやく辞める決心がついたのも、この2012年。

でも、もうね、すっごい怖かった。
ざわざわ、恐怖心が半端なかった・・・・

それなりに大きな会社だったので、会社の看板がないと自分には価値がないのではないか?
会社を辞めてどうやって一人で生きていけばいいのか?
せっかく大学を出て就職できたのに、辞めて転職先があるのか?
これまで可愛がってくれた先輩たちになんていう?お客様になんていう?

なんて無責任なんだ、これまで育ててくれた親に申し訳ない、先輩やお客様に申し訳ない、、、

そんな自分を責める声が鳴りやまず、毎瞬毎瞬がんがん鳴り響いていました。
ほんと、ストレスでオエオエする毎日。

そして、相談した先輩たちは、みんな一様に同じことをいいます。

「こんなにいい会社を辞めるなんてもったいない!」
「夢をもって辞めた人も、みんな結局元の業界に戻ってくる」
「好きなことをやって生きていくなんて、世の中そんなに甘くない」

この間、わたしを支えてくれたもの、それが、長野いづみさんのブログと、出会った人々でした。
毎日一人部屋でブログを読んでは、「大丈夫、会社を辞めてもわたしには価値がある、心地よい選択をし続けて、成功することはできる。」
もう、自分でマインドコントロールをするくらい、言い聞かせ続けていました。

大丈夫、きっと大丈夫
わたしには価値がある
会社を辞めても大丈夫

ついに辞める意思を伝えてからも、まるで綱渡りのような精神状態。
お肌はボロボロ、生理痛もひどくて、転げまわるほどでした。

全然きれいな辞め方なんてできなくて、最後までブザマな姿を見せて、ようやく迎えた退職日。
この日のことはどうしてもブログに書きたくて、初めて書いたプライベートな出来事になりました(笑)

終わりと始まり
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-140.html

でもね、この記事、嘘があります。
「実現したい夢がある」なんて書いてますが、実はなーーーんにもありませんでした。
ただ、会社を辞めたかっただけ。ただ、海外旅行したり、思う存分自分の好きに生きたかっただけ。

この当時は、単純に辞めたいだけという自分の罪悪感が許せなくて、「夢がある」なんて言ってしまいました。
今思うと、まだまだ自分に制限かけてましたね~。
でもそんな時期があったからこそ、今がある。

会社を辞めて、ぱか~~~んと自由になった私。
解き放たれた鳥のように、日本にいない日々(笑)
2013年はこれまでの欲求不満を解消するかの如く、ひたすら旅行!旅行!!旅行!!!

4月の南米旅行を皮切りに、インドネシアのジョグジャカルタ、バリ島そしてまたジョグジャカルタへ。
もう日本に半分もいなかったのでは。
自分の気持ちの赴くままに、飛び回る日々でした。ひたすら楽しくて楽しくて♡
お金の不安からは目をそらすようにして遊び回っていました。

そして、2013年8月に初めてバリ島に。
アルサナ先生に初めて出会った日は、いまでも忘れられません。
超ハイシーズンの8月~9月に、たった1枠だけ空いていた8月31日10:00の枠。
アルサナ先生のマッサージについては、以前の記事でも書きました。

なぜだかものすごく感動して、ほぼ裸で抱き付いてしまったのをよく覚えます(笑)

さて、今日はバリ島の大祭シバラトリ!
いまからお祭りに参加してきます♪
続きはまた後ほど~♪

スピリチュアルな旅

今日はなんとなく、わたしがここに至るまでに影響を受けた人たちをご紹介したいなって思います。
もちろん、両親・兄弟・学校の友人など出会うすべての方たちに影響を受けていまがあるんですけどね。

主に、心理やスピリチュアルな世界にどうやって入り込んできたのか、ちょっとご紹介したいなぁと思います。
自分でいうのもなんですが、いまの状況を冷静にみると、日本人に生まれながら、バリ島のヒーラー アルサナ先生に師事し、結婚してバリ島に住み着くという、なんともどっぷりスピリチュアルな人生を選択しました。
なにがどうなってここに至ったのか、自分自身振り返りながら、書いてみたいなぁと思います。

そんなわけで、今日から何回かに分けて、スピリチュアルな旅を書いてみたいと思います。

わたしが「スピリチュアル」に出会う、そもそものきっかけは、2012年の夏でした。

このころのわたしは、東京で一人暮らしをしながら、某大手企業で営業をしていました。
人間関係もうまくいかず、仕事内容にも興味がもてず。
(もう辞めて3年なのに、正直に書くのに抵抗がありますね(笑))
でも、それなりにうまくやるタイプなので、なぜか社内ではそれなりに評価され、お客さんにもそれなりに気に入られ。
まぁ、そんな日々でした。

毎日、残業、接待、仕事のストレスで体と心はボロボロ。
自分は鬱なのかと疑って、メンタルクリニックに行ったこともあります。
(結果は違ったのですが)
たぶん、元々何かを効率的に行ったり、戦略的に行う才能はないのでしょうね。
これは理性的なスキルだと思います。わたしはどちらかというと感覚重視。
無理して会社の常識に合わせようとして、どんどん自分本来の良さを失っていたのがこのころです。

そして、2012年の夏。
事件が起こります。

東京の別の場所に住む家族が突然病気になり、入院することになりました。
元々わたしは大阪の出身で、他の家族のメンバーは大阪。
私と彼だけが東京でした。

必然的にわたしが病院に駆け付けることに。
初めて家族を失うかもしれない恐怖に直面し、感情は大きく・大きく・これまで以上ないほどに揺さぶられました。

あの時の恐怖を、いま思い出しても涙が出てきます。
兄弟と電話で話しながら、文字通り泣き崩れたこと。
病院で眠れない夜を過ごしたこと。
毎日が緊張の日々でした。

緊張の1週間を乗り越え、幸いなことに、状態は安定し、しばらく入院することに。

そこから、仕事を定時で終え、病院に通う日々が始まりました。
よく、看病や介護の大変さをテレビやインターネットで見ますが、わたしはこの時初めて体感しました。

でも、実はこの時期のことをあまり覚えていません。
なんだか毎日必死で自分の時間なんて全くなくて。。。。
追い詰められた顔しながら、日々過ごしていたなぁ。。。

使い古された言葉ですが、「夜明け前が一番暗い」と言われるように、この時期が最も辛かった時でした。

そんなこんなで、少し落ち着いてきたころ、誘われて行ったのが、『長野いづみ』さんのセミナーでした。
こんなにお世話になっているのに、いづみさんについて書くのは実は初めてですね。

長野いづみさん『運のいい女』
http://2010achieve.jugem.jp/

いづみさんは、インドネシアに長く住んでいらっしゃって、ジャワの文化・神秘主義に造詣が深い。
そして、心理学を学びベルナスという感情を扱うテクニックとして分かりやすく教えてくださいます。
詳しくはブログをご覧ください。
初めてこのブログに出会ったとき、衝撃を受けて、最初から全部なんどもなんども読み直してました。
こんな世界があるのか!って。

初めて参加したセミナーで、ベルナスの手法でどのように感情を扱うか教えてもらいました。
感情に巻き込まれず、距離をもって、体の外にだすイメージをいづみさんがガイドメディテーションのように誘導してくれます。
そしたら、本当にものすご~~く軽くなって、まるで視界が開けたような感じ。
いままで重い・重い・重い荷物を背負っていたのが、ふわっと軽くなり、ようやく荷物を降ろせたような。

なんかね~これまでセミナーって「怪しい」イメージだったのですが、そんなこと全然なくて。

あっさり、明るく、楽しくて。来る人たちもすごくさっぱりしてて、でも人情があって。

思えば今に至るまで、随分助けて頂きました。
いづみさんやここで出会った人々の影響はいまだにとても大きいです。

長くなってきたので、第一部はここまでにします。
次は会社員をやめて、バリ島にたどりつくまでを書きますね~。

もう4日ですが(笑)

あけましておめでとうございます(*^-^*)

2015年は沢山の人にお会いし、新たな決心を固めるなど、自分の中でも激動の年になりました。
公私ともに変化の多い年でした。
本格的にアシュラムでの勉強を始めた記念すべき年でもあります。
そして、4か月間日本、8か月間バリ島という、ほとんどバリ島で過ごした初めての年でもあります。

そして、2016年!今年はいよいよ本格的にバリ島に移住します!
私事ですが、3月にバリの人と結婚することになりました。
そのため、恐らく日本に帰ることが激減することかと思われます。
夏~秋くらいに一度帰りたいけど、まだちょっと分かりません。

我ながらさらっとした報告(笑)

今日はOMHAMで行われた新年イベントの様子をご報告~♪
アルサナ先生とのクンダリーニタントラヨガで年末年始のなまった体にかつ!を入れました(笑)
IMG_7957.jpg

IMG_7959.jpg

IMG_7964.jpg

皆がひーひー言ってるのを見て、先生めっちゃ笑顔(*´Д`)
IMG_7968.jpg

いま壁一面、ぜーんぶオープンなカフェで濃いめのコーヒーを飲みながらこのブログを書いてます。
気温は高いはずなので、さらっとしていて風がひたすら気持ちいい。。。
もうクーラーとか要らないわ~、扇風機最高。

あーー、すっごい幸せ~(*´Д`)

というわけでバリ島で皆様のお越しをお待ちしています☆

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。