スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェゴグを体験!!!

昨日はとても素晴らしい経験をさせて頂きました。
ジェゴグの故郷ヌガラで、ジュゴクの生演奏を聞く機会に恵まれました。
本当に本当に素晴らしかったです!

ジェゴグとは、巨大な竹で作られた打楽器です。
大・小さまざまな大きさの竹から作られ、高音から重低音まで素晴らしい音が響きあいます。
以前、「世界ふしぎ発見」で取り上げられていたので、ご存じの方も多いかも?
IMG_7916.jpg

今回、ヌガラまで行ったのは、スウェントラ氏率いる「スアールアグン(Suar Agung)」の演奏を聞くため。ちなみにヌガラはウブドから車で3時間かかります。半日かけていく価値は間違いなくありました!
「スアールアグン(Suar Agung)」は、伝統的なジュゴクを甦らせた世界的に有名なグループ。
スウェントラ氏はもはや生きる伝説です。
こちらが、スウェントラ氏。本当に素敵な方で一晩で大ファンになりました♪
IMG_7928.jpg

演じる方々は「普段は農民(スウェントラ氏談)」とのことですが、本当に楽しそうに演奏してらっしゃって、見ているだけでとても幸せな気持ちが伝わってきます。
IMG_7939.jpg

周りでは近所の子供たちが熱心に演奏を聞いています。
こうして伝統が次世代に繋がっていくんですね~。
IMG_7960.jpg

伝統的なジェゴグでは、竹の打楽器だけなのだそうです。
しかし、スウェントラ氏は、太鼓やシンバルを組み合わせ、新しいリズムを取り入れ、伝統が次世代に続くように、若い世代が楽しむことができるようにと、常に新しい試みを行っているそうです。
IMG_7927.jpg

伝統音楽を超えた新しいパフォーマンス。
IMG_7956.jpg

特に巨大な竹の下に入って聞く重低音は、お腹の底から響き、いつまでもいつまでも聞いていたくなる音色。
ファンが多いのもわかります。

2時間の演奏でしたが、本当にあっと言う間でした。
こんな素晴らしい機会を与えて頂いて、本当に感謝します。
スポンサーサイト

アシュラムってこんなとこ。

今朝もアシュラムに行ってきました。
最近、めっきりアシュラムの写真を撮っていなかったので、お祈りが終わってから久しぶりに一人撮影会(*^^)v

僭越ながら、「アシュラムってこんな場所」とご紹介したいと思います♪
まずはアシュラムの入口。
ここの横から入っていきます。
IMG_7838.jpg

ゆるやかな下り坂の両側は南国の植物に囲まれています。
この道大好きです。ここを歩くだけで気持ちが落ち着いてくるから不思議です。
1606340_268178976725480_7515317165346718103_o.jpg

あ、こんなところにパイナップル発見!
IMG_7822.jpg

聖域へ上がる階段です。
光が差し込んで綺麗な写真が取れました♪
IMG_7816.jpg

そして、こちらがお祈りをする聖域。
夜にはここでセレモニーが行われます。
IMG_7802.jpg
夜のアシュラムも雰囲気があって素敵だけど、朝の静謐な感じも大好きです。
ちなみに、この聖域の写真よーくよく見ると虹色のボールがいくつか浮いてます(笑)

IMG_7830.jpg

この扉をくぐるとき、ふと頭に浮かんだお祈りの一文

"guide me and open the door to the Divine nature of the true human-being"
「聖なる人間の神性へと繋がる扉をお開きください」


コミュニケーションについて思うこと

今日の記事はほぼ単なるつぶやきです(笑)

バリ島には、バリ人はもちろん、日本人、ヨーロッパ系、アメリカ系、アフリカ系、アジア系さまざまな人種が住んでます。
この国際的な空気、大好きです。
ま、もちろん自分も外国人なのですが。

一応、英語は問題ない、と思っている私ですが、実は英語ネイティブの友達がいませんでした。
外国人とのコミュニケーション手段として英語を利用している友人ばかり。
バリにはオーストラリア人が多いので、バリにきて初めてネイティブの友人?というか知り合いができた感じ。

はたして自分の英語能力が、ネイティブスピーカーから見るとどの程度なのか、はなはだ疑問だったりします。
ただ、話したい人とコミュニケーションをとることができているので、問題ないかなぁとは思っています。

バリ島にきて、たまに見かけるのが、バリ人に対して英語で一方的にまくしたてる外国人。

先日もわたしがバリ人の友人と話していたら、たまたま居合わせた人(何人かは分かりませんが、、)が弾丸のように話しかけはじめました。
その友人、もちろん英語わかります。
でも、あまりにも突然、一方的にまくし立てられたので、「え、ごめん、わからない、、汗」といって逃げてしまいました。

そのあと、わたしも話しかけられたのですが、どうにも会話が成立しなくて、「ごめん、急いでるから、、」と私も逃げ出しました。

結局、コミュニケーションというのは、相手を理解しようという心なのだと、しみじみ思います。
一気にすべてのころを知ろうとして質問をぶつけるのではなく、忍耐強く相手を知ること。相手のタイミングに合わせて、それを受け入れること。

日本もそうですが、西洋では選択肢が無数に用意されています。
学校、食べ物、着るものに至るまで、毎日無数の選択肢から自分で選ばねばいけません。
だから、情報をこちらから取りに行く癖がついている

"Give me information then I can judge"

でもここはバリ島。
選択肢のない世界です。

ここでは、選択肢を受け入れることが要求されます。
ふっかふかのソファーに、リラックスして身をゆだねるように、バリ島という場所に身をゆだねてみる。そうすると新しい視点が与えられるような気がします。


コピ・ルアック

バリ島についてからアシュラムのこととヨガのことしか書いていないことに気が付きました(-_-;)
まぁ、実際それしかしてないのですが、、、、地味なバリ島生活を送っています。

とはいえ、ちょこっと観光らしきこともしてきました。
コピルアックが欲しいという依頼を受け、農園まで買いにいってきました。
スーパーでも売ってますが、混ぜものしてたりすることもあると聞いたので、もういっちゃえ~、という感じ。

こちらが噂のジャコウネコさんです。
IMG_7710.jpg

このジャコウネコがコーヒーの実を食べ、排出物として出てきたコーヒー豆を洗って焙煎したものが「コピルアック」と呼ばれます。その貴重性から日本だと一杯5000円で出されることもあるとか、ないとか(*´Д`)
日本だとなかなか手に入らないです。

農園につくと、ふつうのバリコピからジンジャーコーヒー、レモングラスティーなどなど20種類ほどのコーヒー・ハーブティーを飲み比べさせてくれます。
いわゆる試飲です。色々飲んで気に入ったら買う方式です。
こうゆう場所のものは高いのですが、とても美味しい。。。ついつい買いたくなってしまいます。
IMG_7736.jpg

そして、コピルアックは別料金を払えば飲むことができます。
ここでは1杯500円ほど。せっかくなので、私も注文してみました。
うん、さっぱりしてて飲みやすい。
IMG_7752.jpg

頼まれたコピルアックを無事に購入し、ついでにオーガニックチョコレートなども買ってきました。
このチョコレートがまた美味しくて美味しくて、、、

そして、帰りは近くのレストランでイカンバカールを食べました。
ウブドでは魚料理はあまりないのですが、美味しいです。
揚げた魚とサンバル、そして白ごはん。
シンプルな味付けなので、無口になってもくもくと食べてしまう魅惑の味です。
IMG_7760.jpg

バリに来たら、ぜひシーフードも味わってみてください♪

今日の大事な学び

今日はもう一つ書いて置かなければ!

今朝もアルナサ先生のヨガクラスにいってきました。
以前は日曜日だけだったのですが、いまは、水曜日と日曜日の両方教えてくださるので、とても嬉しいです♪

しかしながら、今朝のわたしのコンディションはいまいち。
まだ風邪が完治してなくて鼻がずるずる。そして、前日にバイクで転びかけたのを支えた時に、腰に妙なストレスがかかったらしく、ぴきっとやってしまいました、、歩くと痛みが(;´д`)

そんな状態でのヨガクラス。

しかししかし、さすがアルナサ先生です!
クラスが始まってすぐ、チャイルドポーズ(正座からおでこをつけた休憩のポーズ)をとっている時、おもむろに先生が背中の上に。
何ヵ所か足でぐっぐっと踏んだら、あら不思議。腰の痛みが治りました(゜ロ゜)

わたし、腰を痛めたなんて、一言もいってないのに、、、すごすぎです。

そして、今日の太陽礼拝はとても素晴らしかったです。いつもはリラックスした感じで2回して終わりですが、今日は「フローを覚えなさい」と言って、何度も何度も何度も繰り返し。
呼吸や、筋肉の使い方、エネルギーフローもいつもより丁寧かつ、繰り返してリードしてくださいました。
まるで私に教えて下さっているようで、すごく有り難かったです。
おかげで、初めて太陽礼拝中のエネルギーのフローを感じることができました。先生がいつも言うエネルギーフローってこうゆうことか!とちょっとだけ掴めた気がします。

この感覚を忘れないように練習します♪



本日の晩御飯

昨日あげた記事でナシチャンプルーの写真はないの?とご質問を頂きました。
うう、すいません、お腹すいてて、写真撮る前に食べちゃいました、、、
朝4時から起きてるとお腹ぺこぺこになりますね(-_-;)

代わりに今日の晩御飯の写真を挙げます。
今日は近所のワルンでナシチャンプルーをブンクス(持ち帰り)してきました。
IMG_7782.jpg

初めていったワルンでしたが、なかなかおいしかったです。
サテ(焼き鳥)、テンペ(大豆を揚げたもの)、チキン甘辛炒め、インゲン豆、卵、ジャックフルーツが入って、100円くらいとお値段も素敵。
味付けはどちかというと優しい感じで日本人好みだと思います。
近所にこうゆう場所があるととても助かります♪

でも、まだ個人的ウブド一番はアシュラムのワルンかな。
アシュラムのワルンは、辛さが私にとってちょうどいいんですよね~。
ほかの日本の方は「辛くて食べれない、、」って言ってましたけど(-_-;)

この調子で美味しいナシチャンプルーを開拓していきます(笑)

ちなみに、バリ島の食事ってどうなの?と思う方が多いかもしれませんが、バリのローカルフードはとっても美味しいです!もちろん、きちんとしたレストランで食べる食事もおいしいのですが、わたしはどちらかというと、今日の晩御飯のようなローカルフードの方が好きです。
素直な味付けながら、作る人や日によって味が違うので、飽きることはないです。


大好きなんです

今朝も早朝からアシュラムでWISWA(歩行瞑想)&お祈り。
朝アシュラムにいくと、一日はとても気持ちよく過ごせるような気がします。
できるだけ続けてみようと思います。
そのためにバリ島に来たのですしね。

誰もいないアシュラムでのお祈りを終えて帰ろうとしたら、アシュラムの前でワルン(バリ式定食屋?)をしているイブ(お母さん)に遭遇。
「いまからあけるの!?」と聞いたら、「そうそう、今日と明日は空いてるわよ」とのこと。
実はこのワルン、セレモニーなどの特別なとき、または、気まぐれでオープンするという場所。
でもここのナシチャンプルーが最高なのです!
ウブドの中では一番だと勝手に思っています。

一度部屋に帰って、シャワーを浴びてから再びアシュラムへランチをするためだけに戻りました。(笑)
でもその価値はあって、今日も最高においしかった!!

DSC05969.jpg

ここのワルンはもう一つ特別。
このイブこそが、私にインドネシア語を話す喜びを教えてくれたからです。
以前アシュラムにステイしていたとき、よくこのワルンに通ってイブとおしゃべりしていました。
インドネシア語の単語しかわからない時でも、楽しそうに相手をしてくれたので、嬉しかったなぁ。

今日もいろいろおしゃべりして、いい勉強になりました。

目指せ、日常会話に不自由しない語学力♪


今日の戦利品

今日は朝から風邪気味で、ちょっとぼんやり。
それでも朝起きてアシュラムにってWISWA(歩行瞑想)をしてきました。
瞑想中からものすごく眠くて、帰ってから爆睡してしまいました(´・ω・`)
去年から何度もバリに来ているけど、体調崩したのは初めてかも。

でも一日ほぼ寝て過ごしたらかなり回復しました。

なんとなく、バナナが食べたいなぁと思ってまたもや果物屋さんにいってきました。
マンゴー3個とバナナ一束買って300円ほど。
安い、、、、のかな?もっと仲良くなればもうちょっと下がるような気もする。

IMG_7771.jpg

今日はこれからセレモニーです。
準備して行ってきます~♪

言葉は大事です

ようやく買い物できるくらいにはなったインドネシア語。

今日はバイクを駆って、ローカルの果物屋さんに行ってきました。
明日のセレモニーに向けてイエローココナッツが必要なため。

果物屋さんのイブと、ああでもないこうでもないと会話しながら手に入れたのがこちら。



買ってどうやってもって帰ろうか悩んでたら、空くギリギリまで削って後は包丁で穴を開ければいいところまで、イブか細工してくれました。

イブ、素敵!

最近改めて思います。
やはり言葉は大事です。
ちょっとでも話せるとお店の人の態度が全く違う。
観光客向けの店ならともかく、ローカルの店だと特に顕著です。

イブと仲良くなったし、果物美味しそうだったからまた行こう。
スーパーで買うより絶対に安いですしね。

こうして、一つ一つ開拓するのも暮らす楽しみですね。


初めてのお使い Part2

今日も早起きしてアシュラムへ。
まだ暗いなかを走り、うっすらと明るくなるころに到着してお祈り&瞑想してきました。

本当はもっと早くアシュラムについて、Wiswa(歩行瞑想)の練習?したかったのですが、電気の付け方がわからないので断念。また行って聞いてこないとなぁ。

ちょっとずつ運転も慣れてきました。
でもまだ大きな通りで曲がるのが微妙、、、今の時間は交通量すくないからいいけど、日中運転できるかわかりません。

しかし、バイクがあると本当に機動力が違いますね。すごく便利です。
行きたいときに行きたいところにいけるって素晴らしい。
個人的には、いつでもアシュラムにいけるのはとても嬉しいです。

住居、現地の携帯(インターネット通信用&通話用)、バイクがそろって、ようやく生活環境が整いました。

朝ごはんを食べたらアルサナ先生のヨガに行ってきます!
我ながら元気です。(笑)


初めてのお使い Part1

今朝は朝5時半に起きて、お祈り&瞑想。

そして、美しい朝焼けのなか、バイクでアシュラムへ。

これまでバイクタクシーを利用していたのですが、今回の滞在では、初めて自分で運転することにしました。
日本では、免許はあるといえ、”ちょー”ペーパードライバーのわたし。バイクの運転なんでバリ島に来なければ考えもしませんでした。
でも、ここではバイクがないと、とにかく身動きができない。
いちいちタクシーを頼むのも時間と手間とお金がかかる、、、以前からずっと借りよう借りようとは思っていました。
でもなかなか勇気がでなくて。。。

今回は長期の滞在になるのと、アシュラムにいく機会が多いので、意を決してバイクをレンタルしました。
(アシュラムはウブドの街中から4キロくらいあります)

昨日まで友人に付き合ってもらって練習していました。
今日はいよいよ一人立ちして、一人でアシュラムまで行ってみる日。
早朝の交通量の少ない時間帯を狙って練習です。

気分は「初めてのお使い」(*´Д`)

とりあえず、初日は無事に行ってかえってきました。
アシュラムに向かう道のライステラスがとても美しかったのですが、もちろん写真を撮る余裕もなく、、、
もう少し慣れてきたら、朝焼けのライステラスを撮影に行きたいと思います。

そして今日の朝ごはん。
家のすぐ近くに屋台?が出ていて、IbuIbu(お母さんたち)が朝ごはんを売ってます。
今日は Nasi Campurを買って食べてみました。
IMG_7704.jpg

白ごはんとおかずがついて、5000Rp(50円くらい)。安いです。。。
朝から緊張の運転を終えたわたしとしては、とても有難い!

明日の朝も頑張ってアシュラムまで行ってみます。

ウブドにお住いの皆様、Jl TirtaTawarをふらふら走っているバイクがいたら、優しく見守ってください、、、

住環境整え中

今日はなんだかけだるい感じでぼんやり。

してたら、大家さんがやってきて、机と椅子を搬入してくれました(*^^)v
わーい、テラスに机といすがなかったので、パソコンを使うとき不便だったんですよね☆

今日はインターネットの調子もなぜかばっちり!
快適・快適~♪

新しいオフィスを手に入れました♪

IMG_7700.jpg

ついでに、大家さんが田舎から持って帰ってきたココナッツを頂きました。

このココナッツ、うまっっ~~(*´Д`)

ウブドで売ってる(観光客が手にはいるものという意味、、、)ココナッツとは全然違います。
大家さんの田舎はシドメン。シドメンは最近注目されているバリ島東部の農村です。
素晴らしいところだとずっと聞いていたので一度行きたいと思っていました。
大家さんに頂いたココナッツがあまりにも美味しいので、シドメンに行きたい熱が高まってきました。

近々行きたいなぁ。

求めるものには与えられる?

こんにちは、バリ島のついてしばらく滞在したホテルから引っ越しました。
色々と偶然と偶然と偶然が重なって、引っ越そうかなぁと思ってからわずか、4時間くらいで部屋を見つけて引っ越すという荒業。我ながら最短記録を更新ました。

そもそもの始まりは昨日の朝。
目が覚めると水がでない。。。
シャワーはおろか、トイレの水も流れません、、、、
バリ島という国にいる以上ある程度の不便は慣れなければいけない。
そはいえ、この暑さのなかシャワーが浴びれないのはつらい(´・ω・`)

さて、どうしようと思いながら、とりあえずBody Work Centerでヨガをして帰ってくると、まだ水がでない。

この時、時刻は午前11時。
このまま水がでないと引っ越さないといけないなぁ、どうしようと考えながらBooking.comをなんとなくチェックしつつ。

と、そこに友人から電話が。

「友達が紹介してくれた部屋、これから見に行かない?」

部屋にいてもすることもないので、着いていくと、そこはまさに理想通りの部屋!
値段、立地条件、部屋の内装ともに、完璧。
窓がたくさんあって風が通るのもとても気持ちがいいです。

「わたし、ここに引っ越すわ!」

そこからは、宿に帰って荷物を15分でまとめ、まるで夜逃げのようにお引越し。
大家さんが車を出してくれたので、タクシーをアレンジする手間もなく、あれよあれよという間にお引越し完了です。

時刻は午後3時。

わずか4時間の早技でした。

そうして、手にいれたお部屋からの眺めは最高です♪
ウブドに住むならこうゆう部屋に住みたいと思っていた、まさに理想通りの部屋です♪

朝はあひるさんたちの行進で始まり。
IMG_7683.jpg

ライステラスに朝日が差し込む。
IMG_7684.jpg

気持ちのいいテラスでお昼ご飯。
IMG_7685.jpg

唯一の欠点は、インターネット接続が弱いことくらい。
これもどうしようかなぁとぼんやり考えていたら、今朝、友人と電話で話してたらあっさり解決しました。

バリという場所は思った通りにいかないことの方が多いのですが、こうゆう奇跡があるからやめれないんですよね、、、

なんというか、ここにいると、人智を超えた存在の息吹を身近に感じます。
人に尽くしたり、神に祈ったり、そういう調和な行いに対する結果がダイレクトに返ってくる気がします。
逆にいうと不調和な行いの結果もきっとかえってくる。
だからこそ、常に謙虚に感謝の心を忘れずに生きていく必要があるのでしょうね、、、

改めて、バリの神々に感謝します。

ぷるぷるします、、

日曜日の夜にウブドについて、次の日は朝からヨガ。そして夜にはアシュラムでセレモニー。
セレモニーの間、ここに帰ってこれたことがあまりにも幸せで思わず涙が。
最近、どうも涙もろくなりました(*´Д`)

バリに再びかえってこれたこと、アシュラムでセレモニーに参加できること、本当に「感謝」の一言です。

アシュラムでは5日に一度セレモニーが行われています。
それをはじめ聞いたとき、「そんなに頻繁にセレモニーして疲れないのかな」と思ったのですが、いまでは5日に一度を待ち望んでる自分がいたりします。1年で人はこんなに変わるのですね、自分が一番びっくりです(-_-;)


そして今日はアルサナ先生のヨガレッスン♪2か月ぶりです~
とっても嬉しくて嬉しくて。
今日は珍しく人数も少なめだったので、苦手だったバックベンディングのやり方を教えて頂いたら、一日でできるようになりました!嬉しい~♪

そして、バッグベンディングの練習の一環でブリッジをするように言われ、精一杯の力でブリッジをすると、なんとなんと先生がお腹の上に( ゚Д゚)!

いろんな意味でぎゃーーーーー!!となりながら、「大丈夫か?」と聞かれたので、「NO!」と大きな声で答えました。
うわー、今思い出しても興奮します。写真撮ってもらえば良かった~。

まぁ、その時はそれどころではなかったですが(^_^;)

ブリッジすると手首が痛かったりするのですが先生のリードで取るとどこも痛くない。
先生が乗ってもちょっとの間耐えれたし。

あと、日本のだるまヨガで微細な筋肉の使い方を学んだことがとてもよい相乗効果を生んでいます。
先生が言っていることの意味が理解できるので、ポーズに生かしやすい。
同じポーズをとるのでも、何気なくとるのではなく、どこの筋肉を使うのか考えるだけで全然使い方が変わってきます。
以前は「つらい」だけだったポーズも、わずかなフォーカスの違いで、とても楽にとれる。

これぞアーサナヨガの面白味ですよね(*^^)v

特に、リンゲン氏のツアーを終え、改めてアーサナヨガの魅力に気が付きました。
真剣にクンダリーニ・タントラ・ヨガを勉強しようと考えていたのが、先生には伝わった様子。
本当に言葉にしなくても全部理解して頂いているのだなぁと実感しました。

頑張って勉強してきます(^^)/

行ってきます(*^-^*)

これから夜の便で出国します。
行き先はもちろん、バリ島。

今回は明確に期限は決めずにこころの赴くまま過ごすつもりです。
何が起こるのかいまからたのしみ。

行ってきます♪

ご褒美?

リンゲン氏がツアーを終えてから今日までの約2週間、素敵な再会に満ちた毎日でした。
タイミングが良すぎで、もはや誰かからのご褒美としか思えない。

ツアーを終えて地元に戻ってみると、東京在住の友人が仕事で来ていて夜行バスを待つ間、ワインで乾杯。
中学卒業以来、ほぼ会ってない友人から連絡をもらい、十数年ぶりに会って大盛り上がりで6時間。
ヨーロッパに住む友人の一時帰国と、偶然タイミングが会って再会。
地元で妊娠中の幼馴染にばったり出会い、なんと今週予定日。
車で走っていると、半年ほど会ってない友人が自転車で通る。

そして、極め付け。
昨日夜9時ごろに東京の友人からメッセージを受信。
「明日と明後日京都なの。1時くらいに京都につきます。」
え、わたし、京都駅近くのヨガスタジオで午後から打ち合わせですけど!?ちょうど1時くらいに京都にいますけど!?
なんという、タイミング。
京都駅で新幹線をお出迎えして抹茶パフェで再開を祝いました。

ものすごいタイミングで再会することが続き、もはや驚かなくなってきた自分がおります。
わずか2週間なのに、素晴らしく充実していました。

リンゲン氏来日ツアーで素晴らしい学びを頂いただけでなく、こんなご褒美まで。。。
本当に感謝しています。

感謝の心とともに、明日の便で出発します。

【イベントレポート】参加者のコメントが素敵すぎて全文掲載(*´Д`)

東京のセレモニーと、クンダリーニ・タントラ・ヨガヨガワークショップに参加された方から、素敵すぎる体験メモを頂きました♪ご友人の方たちに体験をシェアするために書かれたとか。
すごく詳細!そして、愛がこもっています~~(*´Д`)
うわー、わたし、ダメダメレポートで、すいません!!
あまりにも素晴らしい体験レポートなので、ご了承を頂いてこちらに全文掲載させて頂きます。ありがとうございます!!
(一部編集しています)

----------------------------------------
クンダリーニ タントラ ヨガWS体験メモ

皆様、こんばんは。
ちゃんとシェアしようと推敲していたら長文になってしまいました。
お暇な時に眺めてやって下さいね、それでは、はじまり、はじまり~。

クンダリーニ タントラ ヨガとは、バリ島のカリスマヒーラー クトゥ・アルサナ氏によって創設された新しいヒーリング ヨガ。
呼吸法と動きを連動させることによって、短時間でエネルギーの循環を促し、活性化させます。
日本では、クンダリーニ・タントラ・ヨガを体験できる場所はほとんどありません…

…日本では体験できないだと?

セレモニーに参加し、リンゲン先生の誠実でピュアでヒーリング力抜群な人柄に惹かれて、つい昨夜のWSを勢いで申し込んでしまいました(笑)

昨日は意外と仕事が忙しくってヘトヘトな上、微妙にお腹も空いていてコンデションが整わないままの参加で不安だったのですが…
が、しかし結論から言うととてもエネルギッシュな自分にしてくれるヨガでした!

ヨガって疲れませんか?疲労と言うと語弊がありますが、少なかれ多かれ少なかれフィジカル的に消耗しますよね。

ワタシはいつもシャバアーサナは心地良い疲労でまどろみ状態になるのですが、アラ不思議…全く眠くありません。むしろ元気回復

先生曰く、このヨガは背骨にフォーカスしているとのこと。

背骨には7つのチャクラか沿っているのは勿論のこと、神経が沢山巡り張らされています。そしてその神経は脳だけでなく、体の至る所へと繋がっています。よって、背骨に働きかけて関節の間を拡張し、酸素を送り、血液の循環を良くすれば、連動して脳の働きも改善。脳が元気になれば感情も正常な状態になるとのことでした。

そして、クンダリーニと言えば火の呼吸。達人の先生…汗だくでした。アシュタンガみたいにダイナミックな動きなんてないのに、ホットヨガ並みの玉の汗。因みにワタシはジンワリ程度。キチンとこの呼吸ができていれば一呼吸するだけでも汗をかいてしまうそうです。

スタイルは…ワタシもソコソコ色々なヨガを体験してきましたが、また概念が覆りました(大げさ。笑)

アーサナの種類は多くは無いし、アジャストメントも細かくないし、どちらかと言うとシンプルなのですが、全てのポーズが効果的に背骨に働きかけられ、エネルギーを最大限取り入れられるよう計算されている感じでした。

エピソード1:
背骨をフォーカスするポーズが多いのでワタシの苦手とする(腰が悪いのです)反るポーズが多かったので、反るのが怖いと相談したところ、背骨の関節同士が詰まって固くなっているのが原因だそう。ダウンドッグからコブラのシークエンスで背骨を伸ばすようアドバイスされました。背骨が伸びて柔軟になれば、腰も足(膝ともも)の裏も柔らかくなるとのこと。山梨のWSで、足を組んで座れな方から相談を受けて診たところ、膝が悪くて足が曲がらないと思っていたら実は腰が固いのが原因で足が上手く曲がらず、足が組めなかったそうです。

エピソード2:
今日は一日中マッサージをやった挙句、一日の最後にヨガをやったから今夜は寝れない…と、先生。スケジューリング失敗したと…(苦笑)それだけエネルギッシュになっちゃうんですね~。なので朝やると良いヨガみたいですよ。ちなみにワタシはグッスリでした。

そんなこんなで、セレモニーの時は厳かで少し近寄りがたい先生でありましたが、かなり先生のお茶目な面も垣間見たり(笑)気づき(アーサナ中、力入れ過ぎとか!、手の平をちゃんと開かなくてはならない大切さとか!)を多くいただいた楽しいWSでした❤️バリでは何百人もの生徒さんを教えている先生なのに、当日はなんと5人という少人数制というなんとも贅沢な時間を過ごせたのでした~♪

以上、長文になりましたが最後までお読みいただいき、ありがとうございました!
---------------------------------------

うわ~~、素敵なレポートありがとうございます!
Y様、大・大・大感謝~~(*´Д`)

リンゲンさん、こんなに愛されてるよ~~。なんだろ、私も嬉しくて泣きそうです。

よし、来年も頑張ろう!日本の皆様のために、これからも尽くします!

IMG_7496.jpg

【イベントレポート】東京プログラム

台風が近づいていますね。
大雨による土砂災害に、噴火、悲しい出来事が多いこの頃。
一方で、出雲大社で神職の方と皇族がご成婚するという歴史に残るニュース。

不思議な10月の幕開けとなりました。
一人一人の方の心が穏やかになる日が来ることを祈っています。


では、引き続き、東京プログラムのレポートです。

初日のセレモニーについてはこちらをご覧ください↓
セレモニー終わりました★
セレモニーその後

東京のヨガワークショップにも多く方が駆けつけてくださいました(*'ω'*)
ヨガが初めて、という方もいらっしゃいましたが、皆さん楽しんでくださいました♪
緩やかなな動きなのですが、キープ時間が長かったり、少しきついところもあります。
でも、不思議なのですが、リンゲンさんのエネルギーに巻き込まれて、なぜかできてしまう、、、
終わるころには、エネルギーが満ちているのを感じます。
IMG_7496.jpg

1520784_265928730283838_4065285928106924355_n.jpg

ヨガワークショップの後には、レクチャー。
この時も日本人の精神性について、リンゲン氏が日本で感じたことを話されました。
日本人として生まれた意味、考えたこともなかった事実を改めて考えさせられました。
10712740_265928926950485_2524137585111208686_n.jpg

10603719_265929003617144_9151052909945584695_n.jpg

最後には、聖水で清めて終わりです。
IMG_7526.jpg


コーディネイターとして駆け抜けた全日程。
その時は、余裕がなかったのですが、こうして思い返すと懐かしいから不思議です。

次はあれをこうして、もっとうまくやろう。
こうすれば参加者の方も喜ぶに違いない、そんなアイディアが次から次へとわいてきます。

また再び皆様とお会いできる日を楽しみにしています♪

【イベントレポート】山梨 ヨガスタジオ 旭様☆

続きまして、ヨガスタジオ 旭様にて行われたマッサージ&ワークショップの様子です♪

ヨガスタジオ 旭様は、山梨県韮崎市にある癒しの空間。。。
スタジオからは富士山と八ヶ岳がみえます。素敵すぎる~(*´Д`)

IMG_7098.jpg

ちょうど稲が黄金色に色づく季節。一面の黄金色のなか、農家の皆様が収穫に忙しそうにされていました。
秋の美しい気配を感じながらヨーガをできる喜び。
まさに豊かさを心の底から感じることができました。
IMG_7206.jpg

スタジオの近くにはコスモスが。これぞ、美しい日本の秋!
IMG_7195.jpg

スタジオの中も、リンゲン氏を迎える準備がばっちりでした♪
Welcomeな空気がとっても嬉しい(*^^)v
IMG_7092.jpg

ヨガスタジオ 旭様では、13日・14日に渡ってヨガワークショップとハスタ・シディ・マッサージの個人セッションを行いましたが、両日ともに満員御礼!
キャンセルさえもすぐに埋まるという期待の高さでした。

中には、名古屋や藤沢という遠方からお越しになる方も( ゚Д゚)!!!

IMG_7226.jpg

10672378_263877600488951_790789450759556894_n.jpg

ヨガもマッサージも、みなさんとても喜んで頂きました。
温かいコメントを頂いたので、いくつか紹介させてください。
----------------------------
-ブレッシングの意味は知らなかったけど、終わったら胸のあたりにいいものが残った気がした。
-ヨガの事もっと知りたいと思った。
-色々な事を考えるきっかけになった。
-また来てくれる事があったら是非参加したい。
【ヨガにご参加】

-plank poseが20分でも30分でもできるような気がするほどcoreが強くなった。
-体のサイクル破壊~再生を繰り返していて、丁度破壊のサイクルの感じだったが、一気に好転した。
-まさに探していたクンダリーニの力を大切にしたヨガに出会う事ができた
【ヨガおよびマッサージにご参加】

-レッスンが終わるころには、体中が喜びでいっぱいだった。
-ブレッシングの時胸のあたりでつっかえていたものが取れて、目の前が明るくなった。
【ヨガにご参加】

-体に巻き付いていた鎖が取れたかのように体が軽くなった。
-教えてもらったつぼ(?)が自分で分かるようになった。
-また来てくれる事があったら是非参加したい。
【マッサージにご参加】
----------------------------

うう、読んでるだけで嬉しくてうるうるしてきます(*´Д`)
頂いたコメントはすべて英訳してリンゲン氏にも伝えています。
また、山梨にはぜひ行きたいです。

皆様にまたお会いできる日を楽しみにしています~♪♪


今日は幸運日らしいので

いつもお世話になっている長野いづみさんのブログを見ていたら、今日は大幸運日らしい。
せっかくなので、来年の手帳買いました♪来年も素敵な年になるように。。。
http://2010achieve.jugem.jp/?eid=815

お日柄のよい日の上昇気流にのって、ツアーレポートの途中ではありますが、いくつか、ご報告させてください。

まずは、こちら~。
リンゲン氏初のウブドリトリート開催します♪来年2月3日から7日までの4泊5日。
宿泊先は、アルサナ先生の新しいリトリートセンター。アシュラムムニバラの目の前です。
わたしは通訳&お世話係として参加致します(*^^)v

front page
back page

イ・ワヤン・リンゲンと過ごす、バリ島 真のスピリチュアルライフ
~心を開き、真実の自分に出会う旅 in バリ島ウブド~

◆日程:2015年2月3日~2月7日(4泊5日)
◆場所:バリ島 ウブド (Om Hum Retreat Center/Ashram Munivara)
◆参加費:7万8千円
※英語にて行われますが、日本語通訳が付きます


昨年8月よりご縁頂き、アシュラムに通い始めて約1年。
気が付けば、美しいアシュラムムニバラで過ごす日々は本当に特別なものとなっています。
IMG_2314.jpg

バリの人々の純粋な祈りがエネルギーとなってアシュラムに満ちていて、そこにいるだけで心と体が浄化されていくのを感じます。
なによりもセレモニーが素晴らしいです。気が付けばすっかりはまってしまいました(^^;)
歌を歌いながら、人々が踊る様は、本当に美しい。
アシュラムでのサイレントリトリートの様子はこちら↓
http://twbblog.blog.fc2.com/blog-entry-470.html

この感動を日本の皆様にも伝えたいとずっと思っていました。
ただ、アシュラムで学びたいと思っても、アシュラムには外国人が短期で学ぶような集中プログラムがありません。
わたしは、偶然にもリンゲン氏と出会い、ガイドとなっていただき、アシュラムでの学びを深めることができました。
しかし、どこから初めてよいか、迷う方も大勢いらっしゃいます。
だからこそ、リトリートという形で短期のプログラムができたこと、そこに自分が貢献できることを、心から嬉しく思います。


最後にもう一つご報告。
昨年から日本とバリ島をいったりきたりしていますが、今月から半年ほどバリ島に滞在することにしました。
住むには短いですが、観光ともいえない半年の長期滞在。
9月の東京・山梨ツアー、2月のリトリートとリンゲン氏と仕事をする機会を得て、もっと自分が学べる・制限をはずしていけると思うようになりました。
なにが起こるか未知数ですが、半年間、集中して学んでこようと思います。

あと1週間ほどで出国します。
向こうからもバリレポートあげますので、お楽しみに♪



【イベントレポート】山梨リトリート

皆様、こんにちは~。
更新がすっかり途絶えていてすいません!

リンゲン氏がバリに帰国し、わたしも一か月ぶりの帰宅。
気が抜ける暇もなく、ヴェーダーンダ勉強会への参加、そして来年のツアーの下見。。。

来年は、古都 『京都』に決定!!!

詳細の日程や場所はまたこちらでご報告しますね。
来年のツアーもすごいいいものになりますよ~。
私の夢が叶いそうで、わくわくしてます(*^^)v

さてさて、あとでアップします、といったきりになっていた来日ツアーのレポート。
まずは山梨リトリートです♪
2014年9月11日~12日1泊二日で開催しました。
場所は美しい~~白州にある自然あふれる公園 「べるが」です♪
IMG_3855.jpg

今回の宿泊はゲストハウス。キッチンもついて広々でした♪
IMG_3875.jpg

そして始まるリンゲン氏のレクチャー。
ヨーガと、そして日本人の精神性についての話に熱がこもります。
わたしも初めて聞く話だったため、興味津々。思わず集中して聞いてしまい、あまり写真がない(^^;)
10649770_263876830489028_3940060645986143141_n.jpg

熱心に耳を傾ける参加者の皆様。
皆さんからもたくさん質問を頂き、とても有意義な時間となりました。
IMG_6606.jpg

夜には、瞑想方法・お祈りの仕方を学んだ後、リンゲン氏のリードの元、参加者全員でお祈りを捧げました。
この日は、まるでなにかを浄化するかのように、どしゃぶりの大雨。
雨音に包まれるようにして、夜の白州に低く・高くガネーシャへの祈りの歌が響きます。
まるで、バリ島のアシュラムにいるかのような神聖な時間が過ぎていきます。
10440949_263877043822340_529990046171472018_n.jpg

10405630_263877010489010_4543063342607120844_n.jpg

お祈りのあとには、一人一人ブレッシング。
中にも解放が起き、涙を流す方もいらっしゃいました。。。
10592683_263877060489005_7438309143916139061_n.jpg

翌朝は、まるで生まれ変わったように、素晴らしい晴天となりました。
心地よい空気のなか、緑に包まれてモーニングヨガ。
朝日がスタジオに差し込んでなんとも言えず気持ちのよい空間です。
10413294_263877103822334_2004977719157719437_n.jpg

この時、スタジオの前方にシヴァ神の姿絵を飾っていたのですが、なぜか呼ばれたような気がしてふらふらと近づいていきました。姿絵を背中にして、なんとなくシャッターを切ってみると、、、

また、すごい写真が取れました(*´Д`)!!!
天から降り注ぐチャクラカラー!七色のオーブなんて初めてみました。。。。
ほんと、リンゲン氏の撮影をしていると、新しい世界が広がります、、、
10698569_263877137155664_8867569723080467241_n.jpg

ヨーガの後は極上のシャバーサナ。。。。
983814_263877170488994_7821237811499012612_n.jpg

最後にリンゲン氏を囲んで食事♪
楽しい時間をありがとうございました~♪
10687044_263877317155646_4369219956011609776_n.jpg


プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。