スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカトレイル:持ち物編(お薬)

こんにちは~。
4月も今日で終わりですね。

本編に入る前の説明が長くなっていてすいません^^;
あとすこし南米旅行事前準備編にお付き合いください。

というもの、今回旅行にあたって、情報収集にけっこう苦労しました。
まとめて情報提供してくれるサイトがあればなぁと自分が思ったので、ここで経験を踏まえてまとめておきたいと思います。特にインカトレイルに参加される方にはきっと参考になると思います。
興味ないかたは読み飛ばしてくださいね~。


今回は前回の記事の予防接種と関連してお薬編です。

持参した薬は以下の通り。
風邪薬以外全部使いました。ある意味的確な読みでした^^;


・高山病対策薬:ダイアモックス
高山病予防として、事前にダイアモックスを服用していましたが、標高3500Mのプーノでダウン。
でも薬のおかげか軽度の高山病で済みました。 

・頭痛薬:ロキソニン
高山病になると酸素が足りないので頭痛がします。トラベルクリニックの先生からも「頭痛がしたら我慢せずにのみなさい!」と言われていただけあって、飲むとすごく楽になります。
インカトレイル2日か目に標高4200Mを登り切ったあと、疲労と酸欠で頭痛がしたのですが、この時も頭痛薬に助けられました。  
 
・風邪薬:パブロンエース
風邪はひかなかったので、特に服用せず。
ちなみに、友人は途中で風邪引いて熱出してました。彼女は風邪薬をもってなかったので、クスコの薬局で購入してました。

・筋肉痛対策:フェイタスロ―ション
インカトレイルが終わってから筋肉痛が若干あったので、塗布。翌日には楽になりました。

・下痢・食あたり
生水を飲んだわけでもないのですが、なぜかお腹がゆるくなって困りました、、、下痢止め大活躍です。



その他、もって行けばよかったと思った薬。

・胃薬
クスコでギネピックという伝統料理を食べた後胸やけがしたので、胃薬あればなぁと思いました。
この話はまた詳しく書きます^^;

・目薬
高地はとにかく乾燥しています!目薬がほしいと何度おもったことか。。。

・喉スプレー
目薬と同様なのですが、乾燥から喉が痛くなります。乾燥対策は必要です、、、


あとはもちろんご自分の常備薬は必須です!


今日の写真は、チチカカ湖ほとりのルクイア村にて。

DSC02691.jpg
スポンサーサイト

ペルー・エクアドルに関する予防接種について

みなさん、おはようございます!
旅行中、10時に寝て翌日5時・6時(たまに3時!)に起床という生活を続けていた影響が抜けず、いまだに5時半には目が覚めます、、、ある意味健康的です。


せっかくなので予防接種について書かせてもらいます。
いつもはヨーロッパに行くことが多いので、今回初めて予防接種推奨国への渡航でした。
色々と勉強になったので、もしこれから予防接種を受ける方がいれば参考にして頂ければなぁと思い、長々と書かせてもらいます。


今回私が受けたのは以下の3つの予防接種です。
ペルー・エクアドルに行くからといって、全てが必要なわけではないので、ご注意ください。
(あくまでも私の経験に基づくことなので、間違った記載があればご指摘ください!)

・黄熱病
・破傷風
・A型肝炎

ちなみに、黄熱病ワクチンは、検疫所などの特定の施設でのみ接種可能、そのほかのワクチンは一般の病院などでも接種できます。黄熱病ワクチンは、10,830円、そのほかのワクチンの値段は病院によって異なります。

黄熱病とA型肝炎の接種期間は1週間以上空けなければいけない、黄熱ワクチンの有効には10日間かかるので渡航の10日前には受けないと、、、などなど制限が色々あるため、最低、渡航の1カ月前には準備を始めることをお勧めします。
また後ほど記載していますが、自分で判断せず専門家の意見を聞いた方がいいです。


-----------------------------------------------------


現地の大まかな情報と、事前準備項目を確認するのに、私は「地球の歩き方」を利用しています。
現地の天候、通貨、コネクタ形状、治安状況、ビザの必要の有無、予防接種の推奨、といった必要情報がまとまっているため、パッと把握することができて便利です。
特に今回のように訪問地が多い場合、町の情報や地図が一つにまとまっているのもとても有難いです。
ただ、「地球の歩き方」に掲載されているホテルやレストラン、お店などは正直、あまりに高級なので参考になりません、、、


ペルー・エクアドルに渡航するにあたって予防接種が推奨されていることも、「地球の歩き方」を読んで知りました。


ここからが大変でした~。

なんせ予防接種なんて受けたことがないので、どこでどうやって何を受ければいいかわからない!!
うーん、うーんと悩み、インターネットをいろいろ調べて行きついたのが、厚生労働省検疫所が運営しているこのサイトです。

FORTH
http://www.forth.go.jp/index.html

こちらのサイトでは渡航国・地域ごとに感染リスクのある病気や、注意事項などが記載されています。
生水は飲まないように、という基本情報から、マラリアのリスク、狂犬病情報、推奨される予防接種など、旅行者が知っていた方がよい情報が盛りだくさんです。

特に怖いのが、黄熱病!!

野口英世が研究し、研究中に自身も感染して亡くなったことで有名です。
この黄熱病は、蚊を経由して感染します。
ヒトが感染すると、発熱・頭痛・筋肉痛などインフルエンザに似た症状がおき、重症化すると皮膚が黄色くなり、血を吐きながら死亡するケースもあるとか、、、こわっ!!

国によっては、黄熱病リスク国からの入国には黄熱予防接種証明書の提示が必要な国もあります。
アフリカ、インド、中南米、中東あたりは黄熱病リスクのある国として予防接種が推奨されているので、訪問の予定がある方はご注意ください!


ということで、黄熱病の予防接種は受けた方がよさそうだということは分かりましたが、破傷風やA型肝炎などそのほかについてはどうしてよいのやらいまいち分からない、、、高山病も不安だなぁ。


どうしたものやら、と思い悩みながら、さらに調べるうちに発見したのがこちら。
日本渡航医学会が掲載している「トラベルクリニックリスト」です。

日本渡航医学会ホームページ
http://www.tramedjsth.jp/

海外に渡航するにあたって、健康上の注意すべき点を相談したり、予防接種などを受けることができる病院が一覧になっています。

「トラベルクリニック」という単語が存在することすら今回初めて知りました!

やはり医療に関することは専門家に聞くのが一番なので、予約の簡易性、交通の便などを検討した結果、品川イーストクリニックというところを予約しました。品川駅すぐのインターシティ内にあるこじんまりとしたクリニックです。

品川イーストクリニック
http://izavel.com/index.html

初めてのトラベルクリニックだったので、ドキドキしながら訪れました。
高山病予防の薬の処方と予防接種の相談をしたいと電話予約時に伝えていたので、待合室で、「高山病とは」というリーフレットを渡され、読みながら待つこと40分ほど。
対応してくださったのは院長先生でした。


「どこいくの~?ガラパゴス諸島?いいね~、行ったことないなぁ。エクアドル本土から飛行機で1時間くらいだよね。あとはどう回るの?プーノ・クスコは標高3500M越えるから、高山病に気をつけないとね。マチュピチュ行ってアマゾンに行くんだ。そんなツアーあるの?あー、カナダの旅行会社なんだー、なるほどね。日本だとないよねー。蚊には気をつけて長袖長ズボンでね!」


という感じで、今回の訪問地を一つ一つ聞きだして、丁寧に注意事項や必要な情報を教えてくれました。

これにはすごく感動しました!!

こんなに丁寧に話を聞いてくれるとはまさか思っていませんでした。
今回問題になったのは、最後の3日間のアマゾン滞在でした。マチュピチュやガラパゴス諸島だけであれば、実はワクチン接種は必須ではないらしいです。ただアマゾン流域には蚊がいるため、やはりワクチンが推奨されるとのこと。

色々と相談した結果、高山病予防にダイアモックスという薬を処方してもらい、破傷風・A型肝炎のワクチンを同日に接種、アメリカ製の強力虫除けを購入しました。
また、後日、東京検疫所で黄熱病ワクチンを接種することにしました。

丁寧に話を聞いてもらい、アドバイスをもらったおかげで不安も払しょく。
本当にいって良かったです。


南米やインド、アフリカ諸国などに行かれる予定がある方は、一度相談してみるとよいと思いますよ~。



今日の写真はアマゾン流域を上空から!
DSC04025.jpg

改めて、ただいま戻りました!

改めまして、みなさん、ただいま戻りました!

最後まで大冒険の旅でしたが、無事に日本に帰ってきました。
26日に帰国してから今日まで2日間、時差ぼけと疲労で意識が朦朧としていましたが、2日休んでようやく通常モードに戻ってきました。



これから南米旅行について詳しく書いていきたいと思います。

どこからはじめようかなぁと考えていたのですが、そもそも今回の南米旅行がどういう企画だったのか、まずはご説明したいと思います。


今回の旅行を企画・手配したのは、私の古い友人であり、旅仲間であるスウェーデン人の友人です。
彼女こそ、アドベンチャー大好き、旅行大好きで、いつも日本人の常識をはるかに超えた場所へ連れていってくれる素敵な人物です。
彼女といると本当に飽きない。いつも新しい世界が扉を開いて待っています。

実はこれまでのブログの写真にも、ちょこちょこ後ろ姿が写っています。笑


そんな彼女が今回手配してくれたのが、カナダの大手旅行会社 G Adventures の提供する南米ツアーです。

G Adventures
http://www.gadventures.com/

このG Adventuresが提供する2つのツアーをくっつけて参加しました。

・Voyage Galapagos - Southern Islands 6日間ガラパゴス諸島周遊ツアー(クルーズ)
・Peru Panorama 15日間ペルー周遊ツアー(チチカカ湖、マチュピチュ、アマゾン)


せっかく南米にいくなら、あれもこれもと欲張った結果、3週間という長旅になりました。
このツアーについては、基本的に現地集合、現地解散となります。
そのため、日本から現地への航空券は別で手配しました。


ちなみに、いつも私が航空券の手配に利用しているのは、DeNAグループが運営するスカイゲートというサイトです。昔はSonyグループだったのですが、2007年に売却され、いまでDeNAグループ傘下になっています。

スカイゲート(Skygate)
http://www.skygate.co.jp/

これまで、様々な格安航空券サイトを利用してきましたが、最近はスカイゲートで落ち着いています。
24時間空席確認が可能で即時オンライン予約が可能なことと、乗換などのフライト詳細が参照できること、この2点が他のサイトより優れていると思います。特に、経由地や乗換時間なども事前に知りたい私にとっては検索がしやすくとても便利なサイトです。


引き続き、持ち物や予防接種について書きますねー。

DSC01116.jpg

到着♪

ついに、ようやく、成田に着きました(^^)
出発してから3日かかりましたー(^-^;

ご心配おかけしました~!

今度こそ /(^^)

無事にロスにつきましたー♪

ようやく成田行きの飛行機に乗れます(^^)

リマ→グアナキル→ノースポート→マイアミ→ダラス→サンフランシスコ→ロス→成田

おお、すごい!
7回も乗り継ぎしてます!

あとは、飛行機が無事に成田につくことを祈るのみです(^^)v

三度目の正直!

おはようございます♪

ただいまサンフランシスコは朝の8時過ぎです。

よーし、今日こそ、帰りますよー!
三度目の正直という言葉を信じます(^^)

帰国するだけなのにこんなに気合いが入ったのは初めてです(笑)


サンフランシスコの空港にて。




アメリカは何もかも大きいですね。
空港だからかもしれませんが、トイレの入り口が見上げるくらい大きくて自分が小人になった気分でした(笑)

三度目(^-^;

ロスへの飛行機が飛ばないので、また航空会社が用意したホテルに泊まることになりましたー

二度あることは三度あるっていうことわざを産み出した人は天才ですね。

本当に三度目です、、、



今回の部屋はなんか異常にひろいです(^-^;






アメリカン航空のカウンターで、何度目かわからない再発行をしてもらいながら、リマからここに至った理由を説明してたら、グランドアテンダトから「こんな話聞いたことない!あなた本が書けるわよ!」と太鼓判を押されました。

本の代わりにブログを書いてます(笑)

日本は遠い、、、

現在サンフランシスコで立ち往生してます。
リマを経ってから丸2日(^-^;

南米旅行記のはずが、アメリカ放浪記になってきましたー。


――――――――――――――――――――――――


フロリダのノースポート空港で飛行機を下ろされて、代わりの飛行機を待つこと7時間。

ようやくダラスにたどり着いてサンフランシスコ経由で日本に向かうチケットを手にいれました。

ほっとしたのもつかの間、サンフランシスコから日本行きのJALに乗り換える予定が発券ミスで、乗り換え時間15分!

当然、乗り損ないました、、
あと2分あれば、、、


サンフランシスコでまたチケットの再発行。
チケット再発行の手続きもすでに慣れたものです(^-^;

今度はロス経由羽田のチケットです。
ただロス発着の便がすべて遅れているみたいで、いまだ、サンフランシスコに留まっています。



気がつけば、マイアミ、ダラス、フロリダのノースポート、サンフランシスコ、ロサンゼルスとアメリカ大陸を放浪してます!




ここまでひどいのも珍しいですね。
いつになれば、日本に帰れるか、、、

また!!

うそみたいな話ですが、また緊急着陸!!

マイアミからダラスに向かう飛行機に乗ったのですが、機内で異臭がしたということで、フロリダで下ろされました!Σ( ̄□ ̄;)

今度は離陸からわずか30分です。

エクアドルでは空港で救急隊が待ってましたが、今度は重装備の消防隊が待ってました、、、

機内に入っていく消防隊と消防車、、、



消防隊が機内を確認している間ゲート付近で待機するように言われ、待たされてます



こんなことあり得るんですねー。びっくり。
いつになればアメリカ大陸から出れるのでしょうか、、、

ディズニーランド!?

こんばんはー。
パスポートコントロールに並ぶこと一時間。
いざチケットをゲットしようと思ったらまたここでも行列が(^-^;

ディズニーランドの人気アトラクションみたいな行列ができてました。



再び並ぶこと二時間。ようやく、日本に向かうチケットを手にいれました!
明日の早朝の便でダラス経由で成田に向かいます(^^)

旅行の最後はいつも帰りたくないと思うのですが、さすがに今回は早く家に着きたいですねー(^-^;

ちなみに今晩のホテルも航空会社が用意してくれました♪広いです(^^)



仮眠して5時間後には空港に逆戻りです(^-^;

Hotel galeria man ging

今回、私たちが送り込まれたのは、HiltonとHotel galeria man gingという二つのホテル。
ここで6時間ほど滞在してカウンターが開く12時にまた空港に逆戻りです。

ちなみに私が滞在しているのは、Hotel galeriaの方ですが、新しくてすごくきれい。ファシリティも高級ホテルという感じです♪

この3週間は中級ホテルばかりだったので、ギャップを楽しんでます(^_^)v



ベッドはふかふか、空調は効いてる、そしてバスタブがある!
この3週間で初めてバスタブがあるホテルにとまりました。日本だと当たり前ですが、南米だと湯船に浸かるのは贅沢。
とくに高地だと水は貴重です。

せっかくなので、メリットを最大限活用することにしました(^^)
仮眠をして、朝食をたっぷり食べてお風呂に入って、すっかり充電完了です♪

これからまた日本に向けて出発です!

延泊(^-^;

結局、今日はフライトがないということで、エクアドルで一泊することになりました!

話には聞いていましたが、自分で経験するのは、初めてです。
バスでホテルに輸送されてます



そしてこれが噂のバウチャーとミールクーポン。
本物は初めて見ましたー。
航空会社がホテルと食事を負担してくれます。
今回は理由が理由だけに、クレームを言ってる乗客もおらず、みんな冷静に対応しているという感じでした。



日本へのチケットは、明日カウンターで改めて発券されるそうです。

日本に帰るのは何時になることやら(^-^;

ビジネスクラス、、、

ビジネスクラスを初体験!
すごい快適です♪



というのは冗談で、現在エクアドルのグアナキルに緊急着陸しています。
機内に急病人がでたため、離陸から二時間で再び着陸。

このまままた飛び立つと思いきや、そうもいかないらしいです。
別の便に乗り換えるようにいわれたのですが、ターミナルバスがこなくて、現在機内で待機中。
これまで散々旅行してきましたが、緊急着陸は初めての経験です。

急病人の方が無事に病院についたのを祈るばかりです。

いよいよ、、

リマからマイアミ、シカゴを経由して日本に帰ります♪

また30時間の長旅です(^-^;

最後に空港で食べたペルー料理。
ペルーは何を食べても料理がすごく美味しいです。ペルー料理のイメージが全くなかったので嬉しい驚きでした。



いよいよ、搭乗します!

last super

こんにちはー。しばらくアップデートできなくてすいません。

ジャングルの中にあるロッジで2泊してきました(^^)
当たり前ですが、インターネットなどない生活(^-^;
でもすごく居心地のよいロッジでした。もっといたかったなぁ。

長い旅行も今日で最後。明日の夜の便で日本に帰ります。
今回はハードスケジュールだったのですが、大きく体調を崩すことなく無事に帰国できそうで、ほっとしてます。

今日はペルー最後の夜です。
旅の仲間たちと別れを惜しみつつ、夕食をたべにいってきます。

クスコ最後の夜

旅のハイライト、マチュピチュを終え、クスコ最後の夜となりました。
気がつけば旅もあと3日。長いと思っていましたが、あっという間でした。



明日からはジャングルにいってきます。

あと、少し楽しんで帰ります♪

Back to Civilization

追記、インカトレイルの全長は46KMでした。間違ってたので修正します^^;

----------------------------------------------------------------

4日ぶりにインターネットに接続しました!
文明って素晴らしい。

この4日間どこにいっていたかというと、ここです!!



説明の必要がないほど有名ですよねー。
マチュピチュです!

普通は電車とバスを乗り継いでいくのですが、今回の旅では、なんと徒歩!!

インカトレイルと呼ばれるトレッキングに参加しました。全行程約46km、最高到達地点は標高4200m。3泊4日かけてマチュピチュまで歩くというもの。
もちろんホテルなんてありません。
テント暮らしです。

もはやアドベンチャーです。

欧米では人生で1度は体験したいトレッキングとして有名だとか。日本では全然聞かないですよね。私も全く知りませんでした。

歩きすぎて足ががくがくします、、、私にとっては人生で1度で十分という感じ(^-^;

ただ景色は最高でした!
写真たくさん撮ったので帰ってからあげます♪


とりあえず、生きて下山してきました!

Pisac

今日はクスコの郊外にある遺跡をめぐりながらの移動でした!
ピサック遺跡は700年前にインカ帝国の見張り台として作られたそうです。

谷を見下ろす見張らしは最高でした♪

今日はオリエンタリタンボという町で一泊します。明日からはさらに文明から離れるので、しばらくアップデートできないと思います(^-^;
どこにいくかはお楽しみに♪


大パノラマ!

バスからの景色は寝るのがもったいないくらいの大パノラマです!

クスコに近づくにつれて標高も少し下がるのでより元気になってきました(^^)
やっぱり高地は体に負担になっていたらしい、、、

アルパカちゃんと記念撮影(笑)

クスコに向かいます

いよいよこの旅のハイライトが近づいてきました!プーノからインカ帝国の古の都クスコに向かいます。

バスで7時間の移動です。
二階のフロントシートを確保して美しい景色を眺めながらの移動です♪

靴下が写ってますね(笑)

ホームステイ(^^)

チチカカ湖のほとりの少数民族の村で一泊のホームステイをしてきました!



彼らは昔からの文化を守っていてスペイン語ではなくアイマラ語という言葉を話します。
スペイン語もアイマラ語もわからない私はひたすらジェスチャーでした(^-^;

対岸のほとりにはケチュア語というインカ帝国の言葉を話す人々が住んでいます。

古の言葉がこうして残っているというのは素敵なことですね。

チチカカコを航行中

電波があることにびっくり!
雲が目線と同じところにありますー。

チチカカコ

いまから世界で最も高い場所にある湖、チチカカコにいきます。

湖の上になので、たぶん電波なさそう、、、

いってきます!

軽い高山病でダウン

丘に登ってる間はあまり感じなかったのですがホテルに戻ってからダウン。

軽い頭痛と倦怠感で動けなくなってしまいました、、、ホテルのベッドで力尽きながら、「なるほど、これが高山病かぁ」と改めて知りました。


でも薬を飲んで一時間ほど寝たらだいぶ回復しました。この旅行のなかで一番のリスクは、高地に飛ぶ今日この日だと思っていたので、ある意味的中。事前に薬を用意していて良かったです。

ちなみに、私はダイアモックスという薬を処方してもらって持参してます。
予防接種とか薬のことも、帰ってから書きますね。


回復してから食べたマンゴー。
あまりの美味しさに感動しました!
日本で食べるものとあまりに違います。マンゴーってこんな味なんですね。

酸素(´・ω・`)

いま、プーノの町を見下ろす丘の上です。
富士山より高い!
人生で一番高い場所にいます。

少し動いただけで息が上がる、、高山病とまではいかないけど、けっこうきついです。

これからしばらくは高地にいるので慣れるしかないですね。

プーノへ

いよいよペルーの高地に向かいます。
今日の目的地はプーノ。
標高3500mのところにあります。
ここからチチカカ湖へに向かいます。

高山病が心配です、、、

すごいです!

ナスカの地上絵、ばっちりみれました!
写真も撮れましたよ(^^)
帰ったらあげますね。

今朝は私の祈りが通じたのか、雲一つない青空。
風もなかったので、飛行機もあまり揺れませんでした。

飛行機で飛びながら、小さい頃、「世界不思議発見!」でナスカの地上絵を特集していたのを見たことを思い出しました。
あの頃はまさか自分の目で見れるとは思わいませんでした。

我ながら遠くまで来たなぁ、としみじみ思ってしまいました。


無事にフライトを終えて、かえりのバスまでしばし休憩。
ホテルの庭でのんびりしてます♪

ナスカ到着

ナスカに着きました(^^)
今日は一泊して明日の朝ナスカの地上絵を見にいきます。

この辺りは地上で最も乾燥している地域だと言われているそうです。風景はガラパゴス諸島から一変して、砂漠の真ん中にいる状態。

砂以外何もない風景が続きます。
こんな場所でどうやって人が生活しているのか不思議。

Cruz del sur

ただいまバスで移動中。
7時間はきついなぁと思っていたのですが、意外と快適!

いすが広くてふかふかです♪

日本の長距離バスもこんなならいいのに、、、
ちなみにリマからナスカまで、約1500円ほどです。
やすい!

リマにつきましたー!

飛行機が遅れること二時間。なんとかリマに着きました(^^)

これからさらにバスで7時間(^-^;
今日の目的地は有名なナスカです。
もちろん目的はナスカの地上絵。天気がよければ飛行機で上空から見れるはず。

明日は天気が良いこと祈ってます!




皆さん、コメントありがとうございます!
返せてなくてすいません(^-^;

ちゃんと見てます~


ちなみに、MAQUIAさんとさくらさんの質問にお答えしますね。
ガラパゴス諸島はエクアドル本土から海上1000キロのところにある島です。
ダーウィンが進化論を書くきっかけになったことで有名で、固有の動植物がたくさん生息してます。
人間が住むことは厳しく制限されていて、ナチュラリストガイド付のツアーでしか入ることができません。

まさにジュラシックパークの世界です!
詳しくは帰ってからたーぷり書きます(^^)

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。