スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラコレでお腹いっぱい

こんばんは~。
なぜか美術館に行きたくなって、クラコレこと「奇跡のクラークコレクション」に行ってきました♪

三菱一号館美術館は、丸の内ブリックスクエアにあり、今までも何度か近くには行っていたのですが、中に入ったのは初めて。明治時代の建物を再建しただけあって、内装も古めかしいよい雰囲気が出ています。

今回のクラークコレクションは、アメリカのマサチューセッツ州にあるクラーク美術館が所蔵する絵画を公開するもの。日本初出展の絵画も数多くあります。

≪ピエール=オーギュスト・ルノワール 団扇を持つ若い女≫
2013011200002.jpg

素晴らしい作品がたくさんあったのですが、中でも目を疑ったのが、テオドール・ルソー(Théodore Rousseau)の「ランド地方の農園」という作品。

ぱっと目にした瞬間、「え?いま流行りの3D?」と思わず目を瞬いてしまいました。
絵があまりにも立体的で飛び出してくるように見えます。

ちかくの女性たちも「3Dみたいだね~」と会話していたので、私の目がおかしいわけではないはず。

みなさんに紹介したいと思って、どこかに著作権フリーの素材ないかなぁと探しましたが、見つかりませんでした、、、残念。
やっぱり実物を見るのが一番です!良ければ見に行ってみてください♪


そして個人的に一番のお気に入りがこちら。
かわいすぎてポストカードを買って帰ってきました。

≪ピエール=オーギュスト・ルノワール 鳥と少女(アルジェリアの民族衣装をつけたフルーリー嬢≫
201302242.jpg

ルノワールや、モネなど印象派の美しい絵画の数々に触れて、大満足です。
まるで大好きな美味しいものをお腹いーっぱいに食べたような満腹感です♪

美しいものを心行くまで堪能した時、頭の奥がじーんとするような感動を感じます。
この感動を味わいたくて美術館に行くんだなぁと改めて実感した一日でした。
スポンサーサイト

メインの後は♪

皆さん、こんばんは~。
メインのパエリアの後は、もちろんデザートですよね♪
動けないほどパエリアを食べたにも関わらず、デザートは食べます!これこそまさに別腹!


この日を含めて、滞在中、良く食べたのがクレマ・カタラーナ(Crema Catalana)。
日本でもスペイン料理店で見ることがあるので、ご存知の方もいるかも。

バルセロナや、Tossa de Marなどを含むカタラーナニャ地方の伝統的なデザートで、クリームブリュレに良く似ています。

DSCF2752.jpg

冷たいカスタードの上にキャラメルのパリパリとした層ができています。
爽やかなかんきつ系のクリームと少し焦げたキャラメルの苦みが良く合わさって、ほどよい甘さ。
甘ったるさや重たさは全くなく、いくらでも食べれるような軽さです。


スペインでたくさん食べたけど、また食べたくなってきました~

スペイン料理

みなさん、こんばんは~
旅は食なり、ということで食べものネタが続きます♪

この日は、スペインに来たからには、地元の料理が食べたい!という私の希望で、スペイン料理のお店に行きました。

ただ、メニューを見てもすべてスペイン語のため、なにがなにやら分からない。
幸い友人はスペイン語がわかるので、色々と説明してくれたのですが、私自身がスペイン料理に詳しくないため、聞いてもやっぱりよくわかりません。
こんな時は、自分で選ぶのを放棄して店員さんにオススメを聞くに限ります。

店員さんが「この地方の料理でとってもおいしいよ!」と勧めてくれた前菜がこちら。
丸ごとのトマトにたっぷりのチーズがかかっていて、グラタンのような料理です。
残念ながら名前は覚えていませんが、濃厚なチーズと酸味のあるトマトの相性がばっちりで、美味しかった~。

DSCF27462.jpg


そしてメインはやっぱりこれですよね!

魚介のパエリア!!

DSCF2748.jpg

お店のお兄さんが持ってきた瞬間、思わずテーブルから歓声が上がりました!
お兄さんの「どや顔」が未だに忘れられません。笑

そして、これが噂のムール貝です。大きさ伝わりますでしょうか?
えびもムール貝も新鮮で味が濃厚。パエリアの味付けも海鮮のうまみが染みていて素晴らしい味でした。

結局、この大きさの鍋を3人でほとんど平らげました。
日本だと10人前くらいありそうですね~。笑

路地裏レストラン

Tossa de Marでも路地裏の魅力に魅せられました。
こうして写真を改めて見ると、ちょっと神楽坂のような雰囲気ですね。当時は神楽坂にあまり縁がなかったので気がつきませんでした。石畳の風情が素敵です。

DSCF2743.jpg


そして、Tossa de Marの路地裏にはレストランがいっぱい!

レストランが本当に色んなところにあるので、毎日毎日違うレストランを訪れていました。
スペイン料理はもちろん、国境が近いのでフランス料理の店も本格的。
海に近く、古い漁港だけあって、どこの店でも魚介類のおいしさは素晴らしかったです。


思えば、ここで初めてムール貝があんなに大きくて、美味しいものだと知りました。

日本で食べるムール貝は身もあまりなくて親指ほどの大きさ。食べる具というか飾り?のようなイメージでした。
ところが、Tossa de Marでムール貝好きの友人が嬉々として頼んだムール貝をみて驚きました。
出てきたムール貝は、日本の牡蠣くらいの大きさ。


「え?これがムール貝???」


あまり食べ慣れていなかったこともあり、はてなマークが飛び交ってしまいました。
でも、薦められるままに恐る恐る食べてみると、意外なことに、味が濃厚でとても美味しい!!
ついつい手が止まらなくなるような絶妙な味でした。

それまでは、友人がムール貝が好き、というのが全く理解できなかったのですが、Tossa de Marでムール貝を口にしてからは私も好んで食べるようになりました。

旅と食は切り離せませんね~。
まだまだ食べ物の話が続きます。笑

白壁の街並み

こんばんは~、昨日は突然の雪でびっくりしました。
今日は打って変わってお天気だったしなんだか、妙な天気が続きます。

喉頭炎もようやく治りました。
もう今シーズンは体調崩したくないです、、、皆さまもお気をつけください。


さて、話はスペインに飛びます。
Tossa de Mar は観光地とは言ってもとてもこじんまりとしています。
日本で言うと、温泉郷のような、どこかのんびりとした雰囲気。
道行く人もマイペースに歩いていて観光客なのか、地元の人なのか、いまいちよく分からない。

逆にいうと観光客でもすぐに町になじむことができます。

町中にどーんと古い城壁が残っていて、建物の白い壁と綺麗になじんでいるから不思議です。
写真左側の城壁の中は、レストラン街のようになっていて、これまた素敵ストリートが続いています。

DSCF2722.jpg


Tossa de Marは"open-air museum(野外博物館)"として観光アピールをするほど、ローマ時代や中世の建物がいたるところに残されています。
町を歩けば、歴史ある建物に行きつく、ヨーロッパの町には比較的多い気がしますが、Tossa de Marもそんな町の一つです。


ただ、問題があるとすれば、町中にありすぎて、なにがなにやら覚えていないという、、、
Tossa de Marを散々散策しましたが、自分がどこにいるかいまいち分かってないまま歩いていたので、目にしたもの、訪れた建物が一体何だったのか、実はほとんど分かってないです。

いま思えばもったいないことをしたなぁと反省です。

Tossa de Mar

心とは、、、

Happy Valentine♪

みなさん。こんばんはー。

今日はバレンタインですね♪
とはいってもあと15分ですが^^;

この時期になると、毎年チョコレートを買いにデパートの催事場に行くのが楽しみです。
バレンタイン限定の商品や、この時期だけの海外のブランドチョコが売っていて、見ていてワクワクします♪

love week

素敵なバレンタインをお過ごしください♪

ガラスの王国

今日は若干マニアックですが、スウェーデンのガラスについて語らせてください~。


前回のGloggを飲んでいたグラス、実はスウェーデンのKostaBoda(コスタ・ボダ)というブランドのものです。
KostaBodaは、スウェーデンの南部スモーランド地方にあるガラス工房で、1742年に創業され現存するヨーロッパのガラス工場で最も古い歴史を持つそうです。

Gloggを飲んでいたグラスは、私のお気にいりの一つで"MINE"という名前のシリーズ。青、赤、白、緑などカラフルなラインナップがあり、大きさもおちょこ程度のものと、マグカップのようなものと両方あります。

全色そろえたい衝動と戦って、我が家にあるのは白と青の2色のみ。
赤や薄い空色も綺麗なんですよね~。ほしい、、、

ちなみに、この"MINE"は、Ulrica(ウルリカ) Hydman-Vallienという人がデザインしたものです。
このウルリカさん、スウェーデンで最も有名なガラス作家と言われています。
スウェーデンに行けば、ストックホルムや空港のお土産屋さんで必ず目にします。


独特な顔をガラスに描いていることで有名ですよね~。
興味がある方は直売サイトを覗いてみてください♪

Ulrica Hydman-Vallien (スウェーデンガラスの直売サイト)
http://www.artglassvista.jp/glass_jp/Ulrica_Hydman-Vallien/


KostaBodaの本拠地を訪れると、巨大なガラス工場、アウトレット、そして博物館を目にすることができます。
アウトレットでは、いわゆるB級品と言われ、一般の店頭に並べらることができない商品を販売しています。
ただ、素人にはいったい何が悪いのは全く分からないレベル。
一緒に行った詳しい方に「ここが曲がってる」「ここにちょっと傷が」と言われてじーーーっと睨みつけましたが、全然分かりませんでした、、、

B級品なので値段はもちろん格安です!
アウトレットで一度買ってしまうと、一般の店頭で買うのを躊躇してしまうような値段。
おそらく50%~60%は安いのでないでしょうか。

我が家の"MINE"はもちろんアウトレットで買いました。笑



そして、アウトレットでの買い物はもちろん、絶対に行って欲しいのが博物館です。
これが面白い!

KostaBodaの創業から現代まで、歴史を追って様々な作品を展示しています。

こんなものまでガラスで作っちゃうの?という作品があり、見てるだけで楽しめます。
ガラスに興味がなくても必見です。

ちなみに2~3回は行ってますが、行くたびに展示内容は変わっていました。
作家さんたちが精力的に制作している証拠ですね。

RIMG0480.jpg


RIMG0479.jpg

ガラスに限らず、スウェーデンひいては北欧の製品って本当に彩りが鮮やかで見ていて楽しくなります。
この色彩感覚がすごく好きです♪

寒い夜は、、、

こんばんは、Chaiです。

今日はすっごく寒いですね。
あんまり寒いので、こんな夜はGlogg(スウェーデンのホットワイン)でしょ~、ということで、お家でまったりとGloggを飲んでました。

温かいワインをちびちび飲むと、体の底からぽかぽかとしてきます。
スパイスの程よい風味と、適度なアルコール、そして絶妙な甘さが、寒さに固まった体と心をほぐしてくれるようです。

スウェーデンの寒い夜には欠かせない飲み物なのもうなずけます。
スウェーデンの冬といえば、Glogg(ホットワイン)とPepparkakor(ジンジャークッキー)。
この二つがあれば、どんな寒い夜も最強です。

ちなみに、一口でGloggといっても、様々なものがあり、ノンアルコールのものもあります。
アルコール入りでも、ジンやウォッカが入っているもの、リンゴ風味のものなど、本当に様々。
もちろん、赤ワインと白ワインの両方があります。
毎年異なるフレーバーのYearGloggが販売され、年末になると「今年はなんのフレーバーだろう?」と話題になるそうです。

今日飲んでいたのは、赤ワインのスタンダードなもの。
友人が買ってきてくれたのですが、まさに私好みの味で、大大満足でした。

Glogg.jpg

ちなみに今、渋谷でノーザンライツフェスティバルという北欧の映画を紹介するイベントを行っているらしく、近隣のカフェでGloggや北欧料理を特別に出しているそうです。

トーキョーノーザンライツフェスティバル2013
http://www.tnlf.jp/

行きたいなぁと思っているので、行けたらまたここで報告しますね。

みなさま、寒いですが、良い夜を。

岡山に行ってきました!

みなさん、こんばんは~。
このところ、寒いですね!
先週、窓を開けて猫と会話したのが嘘のような冷え込みです。
風邪引かないように気をつけてくださいね。

そして、温かいコメント、本当にありがとうございます。
なかなかお返事できていなくてすいません。


しばらくブログの更新ができなかった理由がこれです。

岡山城です!

DSC00930.jpg

今週は急な出張で岡山に行ってました。

仕事で大阪に行くことはあるのですが、大阪より西に行ったのはすごく久しぶり。
岡山には初めて訪れました。

岡山城はこじんまりとしたお城で、見学も20分ほどで回ることができます。

オフシーズンの平日だったので、観光客もほとんどおらず、城内は静か。
のんびりと見学することができました。


ただ、なにもよりも印象に残っているのはこれです。
その名も「お城パフェ」。

DSC00941.jpg

岡山城の1階にあるお茶屋さんで出されているパフェなのですが、これが意外な美味しさ!

失礼ながら、あまり期待せず、名前の面白さにひかれて食べたのですが、一口食べて驚愕しました。
まずイチゴそのものが美味しい。
そしてその下のアイスクリームが甘すぎず、柔らかくてイチゴと絶妙な絡み方。

一番下のジュレも白桃の爽やかな味ですごく美味しい!

食べ始めると止まらなくてものの数分で食べきってしまいました。
大げさかもしれないですが、いままで食べたなかで一番おいしいパフェでした。


あまりの美味しさに店員さんに「めちゃくちゃ美味しかったです~!!」と絶賛したところ、なんでも岡山市は「フルーツパフェの町」として売り出していてパフェには特に力を入れているとか。

お城パフェは、アイスクリームではなく、果物に絡むようにソフトアイスを利用し、ジュレは白桃農家の方が特別に手作りをしているという気合の入れようです。

どおりで美味しいわけです。

お城パフェの果物は季節に応じて変わるそうですが、特に夏の白桃の時期には行列ができるくらい人気なそうです。

白桃の時期にまた来たい!!

意外な出会いでした♪

すかっと青空

こんばんは~。

みなさん、コメント本当にありがとうございます~
今日は色々あって、少し疲れていたのですが、みなさんのコメントを読んでいたら疲れも吹き飛びました♪

むしろこんな時間なのに妙にテンションが上がってます。笑


明日からの仕事に向けて、すかっと青空がみたい気分なので、今日はクロアチアの海と空の写真です。
アドリア海の青さがパソコン操作に疲れた目に染みます。

すいこまれそうです。。

CIMG0803.jpg

にゃーん

こんにちは!
今日は暖かいですね~。
まだ2月なのに、3月下旬のような陽気です。

せっかくのお天気なので、今日は朝からお部屋の掃除&お洗濯にせいを出していました。

毛布類なども洗ってほっと一息。
暖かいので窓を開けたまま本を読んでいました。



と、突然。



にゃーーーん、にゃーーーん



と耳元で大きな鳴き声が!

びっくりして窓をみると、美人な猫が外に干した毛布の上に立って、こちらを見つめていました。
私が気がつくと、数瞬見つめあったあと、ぷいって顔をそむけていってしまいました。

その時の写真がこちら。

neko.jpg

この毛布、見ていただくとわかるのですが、JAのキャラクターである貯金魚(ちょきんぎょ)の柄です。
以前実家で見つけてかわいかったので、もらってきたものを今日外に干していました。


さっきの猫の鳴き声は、


「ちょっと、この金魚本物じゃないじゃない!ややこしいことしないでよ!」


という抗議の声だったようです、、


ちょっと面白い出来事だったので、書かせてもらいました。
ブログの主旨である旅も写真も、全然関係ないですね。笑

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。