• home >
  • スウェーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ旅行気分

こんにちは!
今日は祝日ですね~。

ようやく暖かくなってきて春が来たという感じです♪
東京は桜も咲き始めて、一番良い季節。
この時期は本当に日本に住んでて良かったと思います♪

前回の記事で赤坂にいった「用事」ですが、実はここへ行くのが目的でした。

レストラン ストックホルム

DSC00981.jpg

名前そのままですね。
こちらは、赤坂にあるスウェーデン料理のレストランです。
都内には、ここ以外にもいくつか北欧料理を出す店があります。北欧好きとしてこちらのお店の存在はもちろん知っていましたが、実は初めて行きました。

このお店の特徴は、Smörgåsbord(スモーガスボード)といわれるスウェーデンの伝統的な料理をビュフェ形式でだすこと。サーモンとニシンの冷菜から、ミートボールなどの暖かい料理、そしてたっぷりのデザートまで盛りだくさんです♪

スウェーデンではニシンを使った料理がたくさんあります。
下の写真の手前色とりどりのボールが見えますでしょうか?実はこれ、ニシンをマスタードなどで漬けた料理。スウェーデンのスーパーなのではビン詰めでよく売られています。
奥がマスタードで、手前がディルとクリームかな?けっこうさっぱりとしていて日本人の口にも合います。
日本ではまず口にすることがないので、すっごく懐かしい味でした!

DSC00986 (1)

中央の向こう側には、温かい料理が並んでいます。中でも私が食べたかったのが、Janssons frestelse(ヤンソンスフレステレルセ)!ポテトとアンチョビを使ったグラタンです。

日本語では「ヤンソンさんの誘惑」という変わった名前。
聞くところによると、昔ベジタリアンのヤンソンさんという方がいたのですが、あまりの美味しそうな見た目と匂いでついこのグラタンを口にしてしまったことから、「ヤンソンさんも誘惑されたグラタン」という名前になったとか。スウェーデン料理としてはなぜかすごく有名です。

作るのは簡単そうなので、一度作ってみようと思います♪

この他にもデザートの種類も豊富で、食べても食べてもまだ全種類制覇できない。
ついにはお腹いっぱいでギブアップしました。

スウェーデン気分を味わいながら、おいしいものをお腹いっぱい食べて、幸せな一日でした♪

DSC00989.jpg

最後の写真はストックホルムの窓際のデコレーション。
ダーラナホースと呼ばれるスウェーデンの伝統工芸品が並んでいてすごく可愛かったです。
スポンサーサイト

ガラスの王国

今日は若干マニアックですが、スウェーデンのガラスについて語らせてください~。


前回のGloggを飲んでいたグラス、実はスウェーデンのKostaBoda(コスタ・ボダ)というブランドのものです。
KostaBodaは、スウェーデンの南部スモーランド地方にあるガラス工房で、1742年に創業され現存するヨーロッパのガラス工場で最も古い歴史を持つそうです。

Gloggを飲んでいたグラスは、私のお気にいりの一つで"MINE"という名前のシリーズ。青、赤、白、緑などカラフルなラインナップがあり、大きさもおちょこ程度のものと、マグカップのようなものと両方あります。

全色そろえたい衝動と戦って、我が家にあるのは白と青の2色のみ。
赤や薄い空色も綺麗なんですよね~。ほしい、、、

ちなみに、この"MINE"は、Ulrica(ウルリカ) Hydman-Vallienという人がデザインしたものです。
このウルリカさん、スウェーデンで最も有名なガラス作家と言われています。
スウェーデンに行けば、ストックホルムや空港のお土産屋さんで必ず目にします。


独特な顔をガラスに描いていることで有名ですよね~。
興味がある方は直売サイトを覗いてみてください♪

Ulrica Hydman-Vallien (スウェーデンガラスの直売サイト)
http://www.artglassvista.jp/glass_jp/Ulrica_Hydman-Vallien/


KostaBodaの本拠地を訪れると、巨大なガラス工場、アウトレット、そして博物館を目にすることができます。
アウトレットでは、いわゆるB級品と言われ、一般の店頭に並べらることができない商品を販売しています。
ただ、素人にはいったい何が悪いのは全く分からないレベル。
一緒に行った詳しい方に「ここが曲がってる」「ここにちょっと傷が」と言われてじーーーっと睨みつけましたが、全然分かりませんでした、、、

B級品なので値段はもちろん格安です!
アウトレットで一度買ってしまうと、一般の店頭で買うのを躊躇してしまうような値段。
おそらく50%~60%は安いのでないでしょうか。

我が家の"MINE"はもちろんアウトレットで買いました。笑



そして、アウトレットでの買い物はもちろん、絶対に行って欲しいのが博物館です。
これが面白い!

KostaBodaの創業から現代まで、歴史を追って様々な作品を展示しています。

こんなものまでガラスで作っちゃうの?という作品があり、見てるだけで楽しめます。
ガラスに興味がなくても必見です。

ちなみに2~3回は行ってますが、行くたびに展示内容は変わっていました。
作家さんたちが精力的に制作している証拠ですね。

RIMG0480.jpg


RIMG0479.jpg

ガラスに限らず、スウェーデンひいては北欧の製品って本当に彩りが鮮やかで見ていて楽しくなります。
この色彩感覚がすごく好きです♪

寒い夜は、、、

こんばんは、Chaiです。

今日はすっごく寒いですね。
あんまり寒いので、こんな夜はGlogg(スウェーデンのホットワイン)でしょ~、ということで、お家でまったりとGloggを飲んでました。

温かいワインをちびちび飲むと、体の底からぽかぽかとしてきます。
スパイスの程よい風味と、適度なアルコール、そして絶妙な甘さが、寒さに固まった体と心をほぐしてくれるようです。

スウェーデンの寒い夜には欠かせない飲み物なのもうなずけます。
スウェーデンの冬といえば、Glogg(ホットワイン)とPepparkakor(ジンジャークッキー)。
この二つがあれば、どんな寒い夜も最強です。

ちなみに、一口でGloggといっても、様々なものがあり、ノンアルコールのものもあります。
アルコール入りでも、ジンやウォッカが入っているもの、リンゴ風味のものなど、本当に様々。
もちろん、赤ワインと白ワインの両方があります。
毎年異なるフレーバーのYearGloggが販売され、年末になると「今年はなんのフレーバーだろう?」と話題になるそうです。

今日飲んでいたのは、赤ワインのスタンダードなもの。
友人が買ってきてくれたのですが、まさに私好みの味で、大大満足でした。

Glogg.jpg

ちなみに今、渋谷でノーザンライツフェスティバルという北欧の映画を紹介するイベントを行っているらしく、近隣のカフェでGloggや北欧料理を特別に出しているそうです。

トーキョーノーザンライツフェスティバル2013
http://www.tnlf.jp/

行きたいなぁと思っているので、行けたらまたここで報告しますね。

みなさま、寒いですが、良い夜を。

雪と言えば

昨日の大雪を見て、スウェーデンで遭難しかけたことを思い出しました。

この時のスウェーデンは、前の晩から急に雪が降り出し、朝起きると一面の銀世界。

いつもは借り物の自転車で移動していたのですが、突然の雪で、とてもではないけど自転車には乗れない状況に。車を運転することもできないので、仕方なく自転車で15分ほどの距離を歩いて移動することになりました。

目的の友人宅には歩いても40分かからずに着けるはずですが、念には念を入れて1時間前に家を出発。

自転車の場合は道路を走らないといけないので、遠回りをする必要があるのですが、徒歩だと整備されてない遊歩道のようなものが存在するため、大幅なショートカットが可能です。
さすがに1時間あればいけるよね~、と気軽な感じで歩きだす私。

初めのうちは、こんな感じ。まだ道が判別できます。
雪の降りしきる中、なんとか頑張って歩き続けます。

RIMG0675.jpg

歩き始めて30分。
夢中になって歩いていて、はたと気がつけば道がない・・・

RIMG0679.jpg

この時ばかりは血の気が一気に引きました。
もちろん、東京とは違い人口の少ないスウェーデンのこと、人が通りがかるはずもありません。
GPSもない、携帯もない。食料も水もなにも持ってません。

スウェーデンで購入した暖かい格好をしているといえども、寒いことは寒い。
指先はかじかむし、足元もだんだんと冷えてきます。

もしかしてたどり着かなかったらどうしようという恐怖心がじわじわと身を苛みます。
こんなところで死ぬわけにはいかない、という一心で地図を頭に思い描きながらひたすら前に進むこと約2時間。

ようやく人工物(学校の建物)が見えたときは、安堵のあまり泣きそうでした。



雪まみれで寒さに震えながら、友人宅にたどり着き、温かいワイン(Glogg)を飲んだ時、「心も体も温まる」という本当の意味を理解しました・・・

ちなみに、待ってる側の友人もいつまでたっても来ない私を死ぬほど心配してました。
歩いてきたと言ったらめちゃくちゃ叱られました、、

横道

皆さん、こんばんは。

更新が空いてしまいました。。。

アルハンブラについてまだ書きたいことがあるのですが、この数日忙しくてちょっとエネルギーが足りていないので、今日はエネルギー充電!のために緑の写真にしたいと思います。

夏のある日、公園のベンチに座って上を見上げると、木漏れ日が降り注いでいました。

CIMG1213.jpg

エネルギーチャージです!
次はアルハンブラの続きを書きます

プロフィール

Chai/本名 Saeko

Author:Chai/本名 Saeko
バリ島在住ヨガインストラクター&コーディネイター。
趣味はカメラ、ヨガ、そして旅。2013年に初めてバリ島を訪問して以来その魅力に、魅せられ、2016年ついに、バリ島に移住!日々の日常からヨガ情報まで色々発信しています。

お問合せ&申し込みはこちら→info.saeko@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。